ランニングは「骨」にいい

さっきまで この放送を見てました( ´∀`)

 

www6.nhk.or.jp

第3集のテーマは“骨”だ。単なる固いカルシウムのかたまりだと思ったら大間違い。私たちの全身の「若さ」を司っているのは、実は骨だということが、最新の科学から明らかになってきている。骨が操っているのは、「記憶力」「筋力」「免疫力」、そして「精力」までも・・・。逆に言えば、骨が「老化」のスイッチを押してしまうこともあるというのだ。その危険性は、高齢者だけではなく、若い世代にも潜んでいるという調査結果もある。では、どうすれば骨を強くし、「若さ」を保ち続けることができるのか。骨が持つ知られざるパワーを呼び覚ます方法も、詳しくお伝えする。

 

 

今回は「骨」

 

かいつまんで、自分が一番心に残ったのは・・・

 

自転車の選手が 骨が減る体質だった。

なぜかと検証すると 7歳から自転車競技を始めてた彼。

ペダルを漕ぐという動作は 心肺、筋力UPにはなるけれど

「骨」は衝撃を受けて 破壊再生を繰り返し強くなる。 

その観点から見ると自転車は座っている為 骨の衝撃にはつながらない。

ランニングは 着地衝撃によって骨の強さ、

「記憶力」「筋力」「免疫力」、

そして「精力」までもを得る事につながる。

ジャンプも良い。

 

番組でも言ってたけれど 決して 自転車がいけなかったというわけではないので

ここで くどく重ねて言っときます。あくまでも 彼の体質的なものがありで。

 

で、

 

ランニングの効用、ここで再確認♪

 

着地衝撃によって「骨」を強くし 

若さを保てるのならこんないい事ありませんよね。

「精力」までもですから(笑

 

人間の体の素晴らしさを毎回 感じるこの番組。

自分も神秘を携える身体を持ってるんだな〜( ´∀`)

色んな可能性信じて 使い倒そ(笑

 

また 再放送すると思うので 詳しく知りたい方はそちらで♪

 

いつも見に来て頂いてありがとうございます!

ポチッと押して頂ければ幸いです。 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ