マフェトン理論・・・面白そう♪

今日は 大掃除♪

 

ずっと気になっていた押入れの天袋・・・

開かずの間がだったので スッキリしました。

 

昨年は 初めての「UTMF」への挑戦でいっぱいいっぱいで

大掃除も捨ててたから(;´∀`)

 

やっとできてよかった。

 

猫の寝場所でもあったので 猫毛の多さに閉口。

 あいつはいつもダンボールの上で寝てたのか・・・

貧乏を絵に描いたようなうちの猫・・・(;´∀`)

 

で、

 

ふっと目に留まった記事。

 

mag.onyourmark.jp

 

マフェトン理論・・・耳にした事は何度かあったけどスルーしてた。

それを持ってのUTMFへ挑戦なんて とても気になる!!( ´∀`)

 

で、

 

マフェトン理論とはなんぞや(・・?

については とてもわかりやすいブログを発見。

勝手にリンク貼らせて頂きますね。

 

yamazarukenji.net

 

以下 抜粋。

 

【 B 】= 180‐年齢±5 (※+5:日々運動している人、‐5:運動習慣がない人)
⇒ 有酸素運動時の最大・限界心拍数。これを超えると無酸素運動(ハァハァゼィゼィ)になる。
※ちなみに山猿 ⇒ 180‐33+5=【 142 】
●100マイル楽勝トレーニングの肝は、とにかく「【 B 】を保つ 」こと。心拍数優先走
●【 B 】を保った速度は、「え?嘘でしょ?」ってレベルで遅い。ランではなく早歩きレベルで始まる人もいるはず。でもそれで良い。

 

 

【 B 】の心拍数を保つのがマフェトン理論で大切なのだが

 

自分に当てはめると・・・

 

180−53(TT)+5=【 132 】

 

【 132 】 (゚д゚)!

 

たったの!!!

 

私なんて トレラン大会で200まで上がった女なんですけど(;´∀`)

 

その後 自分のガーミンは心拍計れないタイプだし、

どうせ 上がってセーブできないんだしと心拍確認を捨てた女・・・

 

旦那さんに心拍計れるタイプを借りるのも面倒くさくなって 

全くの無視状態で 最近やってきた(;´∀`)

 

で、

 

ここも気になった。

 

●エネルギー源を糖質から脂肪に切り替えるカラダ作りのために食事も見直す。
糖質を減らし、タンパク質を増やす
糖質:タンパク質:脂質のバランスが、「4:3:3」になるように。
「糖質ゼロ」はありえない。なぜなら、「脳は糖質のみをエネルギー源としている」から。
ハンガーノックは、脳がエネルギー不足に陥ったときに起こる現象。 

 

今まさに 糖質量を減らし脂肪からエネルギー出す体作り中なので 

この理論に大いに賛同してしまう。

 

糖質については ブログでも書きたい事がいっぱいあって。

今後 思いのままに書きます( ´∀`)

 

で、

 

自分が一番したいのは ロングトレイルへの道。

 

怪我して走れなくなった今の状態でも 速めに歩く事で

心拍【 132 】レベルなら上げれるような気がする。

 

マフェトン理論、ちょっと深く勉強してみよう( ´∀`)

 

クリスマスはもうすぐ・・・

心拍長時間計れるガーミン、プレゼント欲しいな〜

誰でもいいからちょうーだい(;´∀`)

 

いつも見に来て頂いてありがとうございます!

ポチッと押して頂ければ幸いです。 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ