「UTMF 2019」④A2 麓まで

今日から筋トレ、フィジカルトレーニング再開( ´∀`)

今までと同内容。

 

空気椅子は 3分続けて出来なかった。

プランクは 安定の5分。

 

エストロ(前太もも)と 体幹の重要性は

今回も強く、強く強く感じたので(しつこい(;´∀`))

これからも地道に頑張るぞい( ´∀`)

 

あっ あと 険しく垂れ下がった顔が(大会での苦悶の表情が継続してた)

ようやく平常に戻った気がする・・・50代の戻りの遅さを呪う(笑

 

さっ レポ 行こ( ´∀`)

 

★★★

 

f:id:besmart-chari:20190506213923p:plain

 

【A2 麓まで 28キロ】

霧雨続く・・・

 

レインをザックの上から羽織って 荷物を極力濡らさないようにする。

荷物は 全てジップロックに小分けにしてるけど 

ザックもビチョビチョにならないようにしてた方がいい。

Mサイズのレインゆえ、前チャックは閉めれない。

今度買う時は 上はLサイズにしたいな。

 

ここからが本番に突入と言っても過言じゃない。

いよいよ山岳パートに入る。

 

あらかじめ 夜の寒さに備えてニット帽と 厚めのグローブは

先程の「富士宮エイド」でポケットに入れといた。

皆が 止まって用意してるのを尻目に どんどん山に入ってく。

少しでも前に進んでおきたかった。

 

f:id:besmart-chari:20190506215230j:plain

ここから急登が始まるんだ・・・TVで観た景色だよね( ´∀`)

 

後ろから会話が聞こえた。

仲間同士の男性2人組。

 

焼きそばなかったら、心折れるわ~

もうそん時はソースだけでも舐めたい。

野菜炒めだけでもあればいいよな。 

 

この山岳パート28キロが終われば「A2 麓」の

富士宮焼きそばエイド。

みんな 焼きそばがあれば頑張れるよね。

同じ気持ちだね( ´∀`)

 

登りは急登。

みんな連なって歩いてく。

まだ 序盤だから急登だけど 皆 足が動いている。

私も 着実に一歩一歩。

 

天子ケ岳に着き、

長者ケ岳に着く。(19:00)

 

f:id:besmart-chari:20190506220545j:plain

 

しばらく進む。 

そこで気になるのは「チップの接触不良」で 私の記録が途絶えている事。

もう大丈夫なのだろうかとスマホで確認。

・・・全然 動いてない。

後ろの方に聞いてみる。

昨年も MFに参戦してた女性。

「応援ナビの反応が悪くて 昨年もそういう現象あったみたいですよ」

と教えてくださる。

 

そっか・・・じゃ 時間の問題かな・・・と思う。

 

ボラの方にも聞いてみる。

「そういう事もありえるので 麓エイドに下りたら確認してみて下さい」

 

うん、わかった。

そうしてみます。

標高の高いボランティアの方は ほんと寒いだろうに・・・

ありがとうございます。

 

で、

ハッとする。

 

私を応援ナビで追ってくれてる人達は みんな 私が動かないから

リタイアしてると思ってる(゚д゚)! と 気づく。

 

皆に連絡しなくては・・・

 

打ってたら スマホのバッテリーが落ちてしまった(;´∀`)

多分 気温5度?4度?くらい?

私のスマホは バッテリーが寒さで落ちやすい(劣化)

冬の藻岩山でも何度も経験してたんだけど 

ここでもそうなるとは想定外だった(;´∀`)

 

そして スマホに充電器をつないだりしてたら 

体が完全に冷えてしまって震えてきた・・・

まずい 動いてる分にはいいけど 止まるとだめだ。

それでなくても 寒がりで今の私は「骨」と「たるみ皮」でできてる人間。

絶対 冷えてはいけない。

 

動け・・・

動いて、あったまれ・・・

 

ヒーヒーフー

ラマーズ法的な息切れをしながら 熊森山の登りを行く。

 

たけーよ〜

熊森山、たけーよ〜(;´∀`)

 

で、

 

山頂到着。

 

わ〜い あとは下るだけだよと思ったら、

 

渋滞!!!(゚д゚)!(゚д゚)!(゚д゚)!

 

ここから始まる ドロドロ大渋滞!!!

ちょっとで終わるのかと思ったら ロードに出るまでずっとだった。

 

そっか〜 これか〜・・・

 

暗闇の中を ドロドロの急坂。

足の置き場が無い。

転んでる人がいっぱい。

 

足場が安定せず 滑るように下りていくので

ストップ所の要は 木に捕まるしかない。

 

ツーーーっと滑っては 目標の木をガシッと握り止まる。

それを繰り返していく。

 

登山道と思われる場所は もう原型をとどめてない。

その列は 横並びに5列ぐらいになってて 

それでも速く進みたい冒険野郎達は

もっと端にコース取りして下りていく。

あのこねくり回したようなトレイルは後日 修復するのだろうか・・・

 

こんな光景 初めてだった・・・

 

なんだこれ?(;´∀`)

こんな泥祭り・・・ もう必死だよ!!!

 

必死というのはスゴイもので ハセツネの時は動いて10時間ぐらいに

眠気が襲ってきてたから その時間帯を警戒してたんだけど

「夢中」だから、「夢中」だと全く眠たくならない。

「夢中」の力ってスゴイな〜

「下る」事しか考えてない自分・・・そういうのが結構好きだ。

 

私も転んで泥だらけ。

厚めのグローブが泥だらけ。

 

で、

 

私は 大会前から風邪をひいていて(;´∀`)体調管理がほんと不十分

喉が痛かったり、耳の調子が今いちだったりで不安があった。

けど「風邪、引いたな〜」なんて言葉に出してしまったら

その言霊で一気に悪化しそうで 風邪の事は忘れようとしていた。

 

で、

 

ここで鼻水が止まらず(こ汚い話になっていきます)

 

このドロドロ泥グローブで垂れっ鼻を拭こうとしたら

顔がひどいことになるしと、

それにも増して 必死に下っているから拭くのが間に合わない。

 

で、

 

そのままにしてたら 夜の泥の中に

鼻水が何本も綺麗に垂れていく様を私は初めて見た( ・`ω・´)幻想的

誰かにかかってたら ごめんなさい(;´∀`)

 

でね、

 

この渋滞ドロドロスリッピートレイルで何が一番怖かったかというと

渋滞による停止。

そこで 一気に体が冷えてく。

私は「骨」と「たるみ皮」でできてる人間(;´∀`)

体脂肪がこの「UTMF」に向けての6ヶ月で

随分と減った人間であるから 寒さに通常より相当弱くなっている。

 

その場で足踏みでもしようかなと思ったら

ドロドロで滑り落ちてしまいそうだし 体を揺らして対応しました。

動いていれば レイヤリングはOKだったんだけど

止まるとほんと この状態。

ニット帽被ってたから保温効果有りで よかった( ´∀`)

 

で、

 

このドロドロスリッピートレイルなんだけど 

足は確かに疲労するけど 余り 難儀な感じはしなかった。

(何度も転んでるけど(;´∀`))

 

あれに似てる・・・

 

それは 藻岩山のザラメ雪面での下り方に似てたからだ。

練習時の後半時期はアイゼンつけずにトレランシューズで

体重移動で対応するようにしてたから 

これは役に立ったかもと思った( ´∀`) 

雪国での練習でも いい事あるよ♪

 

そして 思う。

この薄着で渋滞の波に飲み込まれる軍団・・・

 

これって あれっぽい・・・

 

besmart-chari.hatenablog.com

昨年の「サロマウルトラ100キロ」前日での「網走監獄」

過酷な環境で道路を作る囚人達!!!

 

道路作りの為に 薄着で 山のドロドロの中を歩き続ける私達・・・

雨も降っている・・・囚人は進む・・・

進み続けなければならない・・・そんな感じか(;´∀`)

 

ちなみに 今回息子宅滞在中に 私にあてがわれたテーブル。

 

f:id:besmart-chari:20190506234505j:plain

ダンボールテーブル。

囚人的な(;´∀`)

 

まぁそんな囚人の事を思ってたら(不謹慎だと怒られそう(;´∀`))

ロードに出た\(^o^)/

 

ボラの方から「ここから10キロでーーーす」と。

 

えっ まじ?! 10キロも(゚д゚)!

 

この日は濃霧が凄くて ヘッドライトだけでは見えづらい。

薄ぼんやり 前方のランナーが見える。

ハンドライトを出すのも 泥がいろんなとこに付きそうで見送る。

安全性を後回しにし、手間を惜しむ所が私の弱点だと思う・・・

 

でね、

 

私は この時 ドロドロから抜け出した喜びに体が満ち溢れていて

下りで勢いがついてしまい 

どれだけ抜いたかわからないくらい抜いた(;´∀`)

道路は全然はっきり見えないから 

ガードレールが白く浮かび上がっているのを頼りに走った。

 

ぐおーーーっ!!!

焼きそば・・・

焼きそば、命!!!

 

そんなハイテンションで足を使い尽くした私。

エイド前の上り坂に差し掛かると 全ての力を使い果たしていて(;´∀`)

もう止めてもいいと何度も思った・・・

 

そして「麓」エイド到着。

 

到着時間 12:10

到着予定 11:10

 

1時間遅れてる。

少しでも余裕度が欲しいから 行動はさっさと。

 

まずは「応援ナビ」が止まっている事を告げなければ。

 

目に入った リタイア申請コーナーへ。

事情を話すと「応援ナビ」と「計測」は全く別のものだから大丈夫。

現時点でリタイア扱いになってはいないから大丈夫。

という事だった。

 

ならばっ!!! 

お味噌汁を頂く。

具を選べる。

油揚げゲット。

 

あっ 焼きそば!!!

 

f:id:besmart-chari:20190506235656j:plain

残り4つで あったーーー\(^o^)/

(紙コップ入り。早めのランナーには祭りとかで使われるペラペラの容器だったようだ)

 

その後 入ってきたランナーさんの

「えっ!!! 無いの!!! 焼きそば無いの!!!」

という悲痛な叫びが聞こえた(;´∀`)

 

ここまでで 51キロ。

あのドロドロを超えて 焼きそばなかったら泣くよ・・・

後ろの方だから 渋滞も長いよ・・・

体も冷えたよね・・・

 

トイレに行くけど 結構 場所が遠く感じる。

行って帰ってきたら あっという間に時間経つ。

休む暇は全く無い。

15分くらいの時間はあっという間に経ってしまった。

 

エイドに来るまでは もう止めたいって思いもあったけど

出る時は 一切そんな思いがなくなる。

ボラの人達の力だね。

「エイドは大海原のオアシス」って 鏑木さんの言葉思い出す。

ほんとにそうだね・・・よくわかったよ。

有り難いね・・・( ´∀`)

 

今日も長々と読んで頂いて ありがとうございます。

まだまだ 続いてしまいます・・・(;´∀`)

 

いつも見に来て頂いてありがとうございます!

ポチッと押して頂ければ幸いです。 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ