父が入院して感じたこと

父が入院して2週間ちょっと。

まだまだ長引く状態であることは否めない。

 

で、

 

コロナ禍。

 

一番弱っている人に付き添っててあげたいのに

今は会うことは出来ない。

 

自粛自粛と言われているけど 

人と会ったり、どこかに出かけたり

それは一人一人、制約は課されているけれど

自分の判断である意味 自由に動いているわけで。

 

でも 入院や老健施設に入居している高齢者の方達や

その周りの人達は 完全に「ルール」として会えないんですよね。

 

自分もその中の一人となって 

コロナってむごいよな・・・ってつくづく思う。

 

年末 自粛で帰省しなかったんだけど

あの時 会っていればよかったのか・・・

そんな自問自答は まだ ちょっと決着がつかない。

 

で、

 

私の父は83歳。

今まで必要ないからって 携帯電話も持ったことがなくって。

 

だから 日々の様子がわからないんですよね。

父は公衆電話からも すぐかけれるような状態でないし。

 

そうなると不安はつきません・・・

 

こういう時、やはりスマホがあればって思う。

 

パコソンを操作してた人だから 

スマホも使いこなせるようになっていたと思う。

 

入院して会えない・・・

そんな状況は これからいつまで続くのだろう。

 

だから もし・・・

 

もしもの事を考えて 高齢の親御さんがいて

スマホとは縁遠い環境の方がいるのなら

操作できるように勧めてあげてほしい。

 

そんな事を強く思いましたね。

 

文明の利器や昔ながらの手紙も使って

今 一番 心細くて辛い状況にある人に

少しでも心ほんわかしてほしい。

 

多分 そんな気持ちでいる人は

世の中たくさんいると思います。

 

で、

 

父が母に

「いつも通り 楽しくするんだよ」って

電話で話していたようなので

私も いつも通りを心がける。

 

自分の事で周りが悲しい顔をずっとしてるのは

好まないだろうから いつも通り

ヘクソカズラ」がどうのこうのとか、

くだらない事で笑っていようと思うわ( ´∀`)

 

さて・・・ 

 

明日はロング走予定。

こういう時は走る。

走るに限る。

「走れるっていいな〜」って実感して走るわ( ´∀`)

 

いつも見に来て頂いてありがとうございます!

ポチッと押して頂ければ幸いです。 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ