「UTMF 2019」終え、超回復の道へ

 

最近 ちょくちょく走り始めた。

 

左膝の痛みは相変わらずだけど 大会の時 自分の予想より痛みがひどくならなかった。テーピングとサポーターの2段構えで足は結構もつって事がわかったので、その組み合わせを導入して走ってるところ(;´∀`)

 

大会後の3日間は なぜか膝の痛みは一切なかった。

不思議だった・・・

多分 脳内麻薬だね・・・

覚醒してたんだと思う。

その後 普通に痛みが戻ってきた。

人間の身体ってほんと不思議だと思う。

 

さて 最後のレポとなります。

ダダ漏れ感情全てを 吐き出し、

ダダ長い語りが続きますのであしからず(;´∀`)

 

★★★

 

大会時 走ってる時に感じた事一番は、

 

走力が落ちた・・・

 

これに尽きる。

 

今までロードで積み重ねたものを持って トレイルで走っていた部分があったけど 今回 故障もあってロードの練習やインターバルもできなくてロードの貯筋はゼロとなってた。今の私にサブ4なんて走れません。自分がよくわかってる。

 

後半の心肺の辛さは半端なかった。

衰えてる・・・実感した(;´∀`)

 

トレイルを中心にやろうと決めてからの私は スピ練をすると故障するというのもあって「その1秒を削り出せ!」的な熱量が明らかに低下してた。

そうなると テレビで放送されるマラソン大会など あんなに張り付いて見てたのに

さら~っとしか興味を持たなくなり、練習内容もきっちり時間で管理するものにやる気が起きなかった。

 

トレイルの登りは 今までの大会の取り組み方からして スピードを重視したものではなかったので「登りは歩き」が定番だった。山の足を作り上げる事に特化していた。

 

その辺の取り組みが 見事に心肺にきてて ある程度の走力を維持する事の必要性を強く感じた。ここは今後ちゃんと取り組む。初心に帰ってやります。

 

当選が決まってからの5ヶ月間、常にMFの事を考えてた。

完全なる「UTMF脳」で できてた私(;´∀`)

練習内容の確認、コースの確認、ギアの検討・用意、メンタル面の強化・・・

もうまだまだ たくさんやることがあって

タイムスケジュールを練って 最終段階まで仕上げて。

故障だ、怪我だ、って 身体のダメージ、心のダメージとも向かい合って

そのケアも入れながら。

 

そんなここまでの工程や、旅を組み立てていく感じが大変だけど面白くて。

そして 実際 100マイルは一筋縄ではいかなくて・・・もう全然 いかなくて。

リタイアした時は 自分の非力をただ静かに受け止めることしかできなかった。

「悔しいーーー」って叫んだりできるのは あともう一歩でできたかもしれないと思う時。

その段階まで行かなかったんですよね。

山を遊んだ・・という気持ちには全くならず。

山に遊ばれた・・必死にすがったはみたものの  お前にはまだ早い!って振り落とされ  呆然と佇む。そんな感じで。

 

一番苦しい時に感じたあれ・・・

景色を山を楽しむそんな思いで

トレイルを走り始めたのに いつの間にか身の丈に合わないものまで手を出してる自分への

「もっと、もっと」の答えは走ってる時は見つからなかった。

時間が経過して、ダダ漏れレポでじっくり自分を振り返ると答えが段々見えてきた。

 

まず ダダ漏れレポ最中にハーフの大会があって それも自分の答えを導き出す一つだった。

 

敬愛する女子先輩達も参戦してた。

 

ランを タイムとかじゃなくて 心から自由に楽しんでるお方。

そして それでも速かったりするんだけど(;´∀`)

それは 私の今後行き着きたい理想の姿であって 自分に納得ができた時 そこに着地したいと願う。

 

そして PB更新に向けて 常にしっかり練習をして臨んでるお方も参戦。

モチベがいつも高い。その状態を常に保ってる。

 

そういう2通りのタイプが私の周りにいて どちらもほんとに良いお手本なんですよね( ´∀`)

 

で、

 

今年から新設された60代女子の部。

そのPB更新に向かっていつも頑張ってるお方が 表彰台へ!!!

ほんと嬉しかった!!!\(^o^)/

 

で、

もうお一人知ったお顔が表彰台に・・・

 

昨年 私がハセツネに参戦した時に更衣室でたまたまお知り合いになり、お世話になった方だった。

 

トレイルも ロードも頑張ってる・・・

 

私のお世話になってる先輩女子お二人が 表彰台に上がってる写真を見たら なんかこうフツフツこみ上げてきて・・・( ´∀`)

ここで諦めないで頑張るかってね! 元気頂いたんだよね。

私は まだ トレイルやり始めたばかりのようなもので ひよっこだから余地がたくさんあると思うから。

 

そして 自分のモチベも変化してた。

 

自称「景色フェチ」を前面に押し出してた私だったけど、

綺麗な景色が見たいっていうのは、晴れ渡った青空の下で言える事で、私はそこを強く思ってトレイルを走っていた。けど、今回のような悪天候の場合 乗り越えるほどの覚悟が足りなかった。綺麗な景色にこだわりすぎ、それができなかった時、ポッキリ折れる自分がいた。レース中も  雨で全く富士山が拝めず、私は色んな角度から富士山を、眺めたかったのにこんなに見れないなんて・・って。不満が出てた。

 

景色を楽しんで、気持ちよく、タイムを気にせず。

それがトレイルに最も求めていたことだった。その景色を見たいという強いモチベの元 その延長線上に100マイラーがあった今回。

自分は思いが強いタイプであるという自負もあって「その景色を見たい」というモチベだけでどれだけ通用するのか自分を試してみたかった。けど、100マイラーになりたいのなら  それだけじゃ済まない。全く 済まない。

悪条件の中でも 山の厳しさも受け入れて器を広げて いいとこ取りのトレイルではなく「100マイラーになるんだ」という確固たる信念、覚悟、それが必要。それ以外のモチベなら弱い。そこんとこの意識が変わったと思う。今までは それでよかったんだけどね。

 

 

で、

 

今回 大会直後はへこんだ(;´∀`)

心も身体も あの空っぽの自分に向き合って無力さに唖然で(;´∀`)

ただね・・・痛い目にあうとその後遭遇するのはこれっ!

 

超回復!!!

 

運動などにより、筋肉を使ったり、瞬発的に激しい運動をしたりすると、筋肉の組織は壊れます。

しかし、人間のカラダには、壊れてしまった組織を治そうとする力が備わっています。

壊れてしまった組織を治す力の例としては、骨折が挙げられます。

 

骨折により、1度折れてしまった骨の部分は、元の骨より太く強い骨に生まれ変わります。

これと同じ効果が筋肉でも行われていると言うことです。

 

 

身体もそうだけど 心もそうなんだよね、きっと。

心も超回復する・・・

今 とても澄みきってて やりたい事で溢れてる!!!

 

あのドロドロトレイルも、

濃霧の夜も、

空っぽだった自分も、

全てが夢中であっという間で 今思うと夢見てたのかな、と思うくらい。

 

その先が見てみたい、

その時  自分がどんな風になって、どんな事を思うのか知りたい。

そして 自分の心が湧き立つ事しかしたくない。

そして 面白いと思うことしかしたくない。

迷ったら 面白そうな方向へ。

 

結構な自分好きなので(笑・昔はそんなに好きじゃなかったかも・・・歳取ってどんどん好きになって 自分を好きになる事が一番の幸せにつながる気がしてる) 

未知の世界への好奇心もあるけど 自分への好奇心も強いと思う。

 

だから 今は この体使い尽くして とことん遊びたい!!!

あのトレイルに また 挑戦したいって思う。

「もっと、もっと」はもうしばらく続ける事にした。

 

昔ね・・・

 

自転車を夜通し寝ないで漕ぎ続けて 400キロ以上走って旅してる方のブログをいつも見てて。

いつも私の考えの範疇を超えた面白い「遊び」をする方だったので憧れてた。

 

で、

 

「凄いですね〜 とてもそんな事できません」って言ってみたんですよね。

その時の答えが

「『やる』か『やらないか』の違いで みんな ほんとはできるんだよ」って。

 

そう言われても いや、それは違う〜 無理無理〜

特別な人だけができる事だよ〜って思ってた。

 

けど ようやくその答えの意味がわかった。

 

「やる」か「やらないか」

 

私のような50歳も過ぎたおばちゃんでも 一晩は寝ないで遊べる体力があるという自信をつけたのは確かだ。

 

「やる」って決めたら それに近づくように練習して 身体を作って挑む。

「やらない」って決めたら 何もやらないからやれるはずなくて。

 

そんな事を この身体で実感して 今 私はギラギラしてるんだ(笑

 

「UTMF」・・・ほんとに出てよかったです!!!

結構 痛い目にあったけど経験は何ものにも変え難くて 今は有り難さしかない。

必ず 自分の今後に生かされるでしょう。

 

私は「100マイラーになる!!!」

今回参戦して ようやく正々堂々と宣言できる気持ちになりました( ´∀`)

 

ここまで読んでくださった皆様、

応援してくださった皆様、

本当にありがとうございましたm(_ _)m

支えられた・・・それしかないです。

自分の力にいつもなってたから 恩返しできればもちろん、

恩送り(誰かから受けたを、直接その人に返すのではなく、別の人に送ること)もしながら そんな意味でイカ応援にも精を出したいと思います( ´∀`)

 

そして 家族の力にも支えられました。

現地での息子、そして 長きに渡って 私の練習の付き合いから 弱ったメンタル支え作業までくまなくサポートしてくれた旦那さんには 頭上がりませんね(その腹をどうにかしなくちゃ サロマ完走できないから!とか言ってますが(;´∀`))

 

感謝感謝の私の「UTMF」

以上をもちまして レポ終了。

ありがとうございました!!!!!

 

いつも見に来て頂いてありがとうございます!

ポチッと押して頂ければ幸いです。 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ