「UTMF 2019」③A1富士宮まで。「渋滞」と「チップ計測不良」

今日も北海道は快晴\(^o^)/

大会も開催されて ラン友さんがたくさん参戦♪

桜見てから 会場まで走っていこうと思ったら

左ハムが・・・(;´∀`)

この2日間、テーピングとサポーターがあれば

ある程度行ける!と感じていたけど 調子に乗りすぎたか・・・

「サロマウルトラ100キロ」に向けて 慎重にイカねば( ・`ω・´)

今日も安定の「日焼け嫌いの不審者マスクラン」(;´∀`)

f:id:besmart-chari:20190505215910j:plain

 

さて レポ いきますか( ´∀`)

 

★★★

f:id:besmart-chari:20190505235510p:plain

f:id:besmart-chari:20190505235530p:plain

 

【W 粟倉まで 16キロ】

スタート時は後方。

スタート後 しばらくしてからの順位は 2,196位

参加者が2,400人だから 相当な後方だ(;´∀`)

あとで スタート時の動画見たら ほんと後ろだった。

 

けどね トレイルのスタートの こういうゆるゆる感が好きだから

あまり この時は気にしてなかったんだけど

後から首を締められる状態に・・・(;´∀`)

 

自分の現状として左膝は6:30ペースより速く走るとアウト。

テーピングとサポーターがしっかり守ってくれるという感覚が

事前の練習時にあったので 下り基調のロード区間

飛ばさず確実に 足の状態を確認しながら走る。

この事に集中。

 

ロードを16キロのこの区間

故障から このぐらいのロードの距離も2ヶ月半走ってないから

ほんとおっかなびっくりの状態だった。

歩きオンリーだったから(;´∀`)

 

途中の公衆トイレには もう行列ができていた。

スタート前 トイレ渋滞だったからね。

 

でも もうすでにトイレだけじゃなく

道の渋滞も始まっていた(゚д゚)!

 

f:id:besmart-chari:20190505223541j:plain

えっ!!

ここで何?  何 渋滞?

・・・水たまり渋滞でした(;´∀`)

 

こんな感じで時折 止まる。

でも まだ進む。

 

f:id:besmart-chari:20190505223717j:plain

粟倉のウォーターエイドに到着。

ここもトイレは行列。

 

到着時間は14:00。

予定では 14:10だったから 怯えていた足の状態も予想より良くて

ヒアルロン酸の注射治療の効果が表れたんだ!と 思った。

ほぼ予定通りで事が進んでいると思ってた・・・この時は(;´∀`)

 

ここは水だけのエイドなので スルーで。

 

 

【A1 富士宮まで 7キロ】

粟倉を過ぎて ほんのちょっと、ほんのちょっとで

それは始まった(;´∀`)

 

f:id:besmart-chari:20190505224257j:plain

渋滞・・・

水たまり渋滞・・・

 

これが長かった(;´∀`)

全然 進まない。

 

けど この旅は長いから楽しい事見つけよう・・・

 

と、

 

斜め前の外人さんの首の後ろに 

緑の小さい物が付着してるのに気づく。

 

あれは なんだろう・・・

虫・・・?

葉っぱ・・・?

虫だとしたら あとで痒くなったりしないだろうか。

 

確かめたい・・・

取りたい・・・

 

そんな気持ちで ジト目で見つめてたんです(;´∀`)

 

そんな気配を感じたのでしょうか(笑

外人さんが「OHーー!! same shoes!!!」って

話しかけてくれたんです(;´∀`)

 

へっ? 

と見ると お互いmontrailのシューズ。

「お〜 同じね、同じね」と 片言の日本語調で私も返すという(;´∀`)

 

で、

 

すぐさま 

「ウェイト!!」

(ちょっと待って、その首の後ろの何ものかを取りたいという意味)

てな感じで 彼の首後ろ付着物 背伸びして取る(背が高い)

 

それは 葉っぱだった・・・

 

「オー 葉っぱね、よかった、よかった イエ~イ」

みたいなノリの私だったけど 

外人さん いきなりの「ウェイト!」(犬扱い)に

「へっ!?」って感じだったでしょうね(;´∀`)

 

その後 彼がmontrailの発祥の地 オレゴンから来たことを知る。

(ちょっとうろ覚え(^_^;))

私は「北海道」からと伝える。

 

その後 渋滞になると 後ろから

「ヘイ!! 北海道ガール!!!」

と 元気よく声かけてくれて 私はこういうので救われた( ´∀`)

 

ガール・・・

 

私の事を こんなふうに呼んでくれるのは日本人ではいないわ(笑

周りも ちょっと苦笑って感じの笑いが起きていたので

まぁ ちょっと和んだ?(;´∀`)

 

ほんと外人さんのコミュ力って偉大だね。

私は全然 英語ができないので こういう時 話せたら

すごく楽しいだろうな〜って思う。

 

ここの区間は 送電線の下を通るトレイルで

多少のアップダウンがあるんだけど 水たまりで渋滞が半端ない。

 

STYがなくなって 今年のMFは1,000人参加者が増えた。

トレイルの1,000人てスゴイ規模で。

そこのとこが 私はピンときてなかった。

 

渋滞は 後ろになればなるほど時間が長くなる。

あとで聞くと 山岳パートに入る前のこの地点で渋滞を避けるため

キロ4でダッシュする練習をしてた人もいたそうだ。

 

山に入ってからと 下山する時 そのぐらいが渋滞のポイントだと

考えていたけど 雨の為 水たまりができて

そこで渋滞が発生するという考えには全く至らなかった。

 

ただ 自分の今の足では 6:30ペースでしか走れず。

ならば 前の方に並ぶしかなかったんだと思う。

 

ハセツネの時も 渋滞に悩まされたけど

大きなレースに渋滞がつきものっていう感覚は

私の浅い歴では意識が薄くて。

北海道の大会で 渋滞なんてほんのちょっとの区間だから。

そのギャップ感は 今回も体にすり込まれたな。

 

でね、

これも気になった。

 

ここの所まで 時折 立ちションしてる人を見かけるんだよね。

携帯トイレ必須の意味は(・・?

この人数で無法地帯状態になったら トレイルはどうなる(・・?

サロマウルトラ100キロでも たまに見かけるんだけど

そういう姿は残念でならない。

 

そして やっと「A1 富士宮」に到着。

時間は 16:10

予定は 15:40

 

渋滞で時間をとられたのは確か。

今後も時間をとられるであろう事に不安を覚える。

 

そこで もう一つの不安ごとが・・・

 

エイドに入ると すぐに着信音(゚д゚)!

旦那さんからだった。

 

「誰かに何か あったんだ!!!」

と 思う。

 

両親か子供か・・・

大会中に電話してくるなんて よっぽどの事だと思うから。

 

「お前の 応援ナビが全く動いてないけど何かあったのか」

という内容だった。

 

えっ!(゚д゚)!

 

スマホで確認してみると 私以外の登録してるメンバーは

しっかり表示されてるのに 私は スタートしてからしばらくして止まった状態。

時間も記載されてない。

 

「大丈夫。ちゃんと進んでいるから」

と 電話を切る。

 

でも ほんとに大丈夫なんだろうか・・・

と 思いながら ここでヘッドライトなどの

夜に突入する準備を整えて 足早にエイドを出発した。

 

★★★

 

で、この応援ナビ。

結局 接触不良で計測され始めたのは

「A4 精進湖民宿村」という(;´∀`)

随分と 長い時間計測されずにいたわけです。

そのドタバタぶりは 明日以降のレポにて。

 

ランを初めて10年・・・

今まで そんな経験した事なかったけど

UTMFでするとはね(;´∀`)

 

別にただ 運がたまたまなかっただけであって・・・

数字上の記録が残らなかっただけであって・・・

ただそれだけの事なんだって 自分を納得させていた。

 

けど 今日 HPの「LIVEtraial」をようやく確認したら

スタートもされていない自分の記録を見て

ドーーーンと心にきてしまった。

https://utmf.livetrail.net/

f:id:besmart-chari:20190505201454p:plain

 

エイドに「IN 」した時間も

「OUT」した時間も もちろん記録は無い。

 

少しでも早く準備をして コースに戻ろうとしたあの時間の記録。

レースのタイムも もちろんだけど

あの時間も必死だったから確認したかった。

 

確かに私は走ったのに。

空っぽになるまで走った「UTMF」なのに。

自分の記憶だけで 証は残らないんだ。

 

そう思ったら

「UTMF」が終わって ただ静かに結果を受け止めていた

自分の感情がようやく弾けた。

 

今日 ようやく うわ〜〜んって泣けたわ(;´∀`)

感情の開放がようやくできた。

 

だから スッキリ。

ようやく気持ちがスッキリできた。

やっぱり 自分にとって泣くって事は

前に進む為に 大切な作業だと思う。

 

中々出れない大会で

中々出来ないハプニングに遭遇し、

「中々づくし」の経験をできたって事だよな。

だから 貴重。

こういう事もあるって事を また 痛い目にあいながら

自分に刻む( ´∀`)

 

んで 猫にも話す。 

「お母さんね 記録なんにも残って無いんだよ」

 

「にゃぁ」

 

「すごく悲しかったよ」

 

「にゃぁ」

 

って その後も数回 にゃぁ相槌を打ち続けてくれたんです。

なんて優しい猫! と感激してたら

 

旦那さんが 猫の気持ちになって色々と言ってきて(;´∀`)

 

「俺なんて 親の記憶も無いんだよ」

「どこで生まれたかも知らないし」

「戸籍も無いんだよ」

 

ってね。

そうか・・・ そう猫に(旦那さんに・笑)

言われてみれば 私のこんな事大した事じゃないかってね。

 

ふ〜〜 そんなこんなで 

吐き出しブログ書き綴って 気が済みました( ´∀`)

 

今日も長々と読んで頂いてありがとうございます♪

まだまだ 続きます(;´∀`)

 

いつも見に来て頂いてありがとうございます!

ポチッと押して頂ければ幸いです。 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ