やります!2度目のサブ3.5!洞爺湖マラソンで突き進む!

走り始めて9年。2度目のサブ3.5を洞爺湖マラソンで狙いたい。その目的のために今回も手段選ばず。2回目達成実現、闘魂主婦!

別海町パイロットマラソン完走記①イカ編

今回のマラソン大会は 記録を狙うとか そういう意味あい全く無いけれど

とにかく緊張感がハンパなかった・・・

 

大会当日の天気予報は晴れ。

気温23度・・・北海道でこの季節に まして 道東でありえないって感じで。

 

イカを被って 42,195キロ・・・未知の世界への挑戦・・・

 

これで具合が悪くなるなんて事は 絶対 あってはならない。

シャレにならないから、自分の決め事を確認する。

 

①いい気になって飛ばさない

②エイドでの補給は立ち止まり、しっかり水分補給する

③沿道の人がいる時は 手を降って「ありがとうございます!」と言う

 

 

この3大公約守るべし。

 

で、会場に着くと もう一つの緊張感が出てきた。 

 

このイカコスチュームを 周辺にさらす時

好きでやってるのにもかかわらず、「いや、見ないで」という

羞恥心が込み上げてきて(笑) 

「お願い1人にしないで!」

「置いてかないで!」

と すがるように旦那さんにくっついていたという 潔さ全く無し感に包まれる。

 

で、こういう時 全く 周辺無反応っていうのが一番 ひーーーっと

辛くなりまして、女子トイレで何かしら反応があって ようやく緊張感から

解き放たれた〜

 

そして 仮装ラン大先輩の「ソラマメさん」と「赤とうがらしさん」に会えて

すごくホッとし、おこがましいけど「仲間だ〜 仲間発見〜 やった〜」と

いう気持ちになるのです。

もっと堂々としたイカになるかと思っていたら 小心者のイカそのもので

その場に行かなきゃ自分の心の動きって わからないものですね。

 

ただ時間が経つにつれ 段々 自分がイカになってることすら忘れてきまして。

自分では見えてないもんだから。

自分の影を見た時 イカの足とイカの頭が映っていて

「あ〜 イカだ〜 私はイカだったんだ〜」と気づくんです。

そうこうしてたら 羞恥心は消えました(笑

 

受付したり、荷物預けたりして言われた事は

「イカ・・・函館から来たの?」という問い。

そうだよね〜 そう思うよね。

で、私も

「函館マラソンでイカをやろうと思ったら 仮装禁止で。

 ずっとイカが寂しげで・・・今回 別海でやらせてもらうことにしました」

と 丁寧に聞かれてない事まで答えました(笑

 

f:id:besmart-chari:20161003225648j:plain

さぁ これからスタートだよ〜

早く走り出したいイカ。

イカも脳天気な顔してるわ(笑

 

毎度の事ながら ダラダラと続きます

                        つづく・・・

いつも見に来て頂いてありがとうございます!

ポチッと押して頂ければ幸いです。 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ