ランも人間関係も一歩踏み込む「ギリギリ感」が好き

さ・て・と・・・

 

酔っぱらいブログいきますっ!!!( ´∀`)

 

 

★★★

 

 

今日は職場の忘年会でした。

 

で、

 

前回の飲み会で 私はやらかしてた・・・(;´∀`)

 

職場・・・

上司・・・

年下・・・

そんな男性へ対して

勢い余って 相当な感じでいじった(;´∀`)

いじくり回した(;´∀`)

 

まぁ「愛」あってのいじくりなんですが・・・

 

その時は 大いに盛り上がったんだけど

翌日以降 顔を合わせずらくって(;´∀`)

 

で、

 

今回 また 話した時に ちょっとおとなしめにしてたんだけど

 

「何ーーー 今日 おとなしいやん。あの時と違うやん」ってね(笑

 

「いや~~ あの時 ほんとあとから申し訳なくって」

と言ったら 

「全然 OK!!! あのぐらいやってほしい」

的な事を言って頂いて(;´∀`)

 

キャラ的にOKならば・・・

 

じゃ・・・

 

本気出して 行くでーーーっ!!!(笑

 

ってな感じで また 失礼でギリギリラインの言葉をぶつけまくった(;´∀`)

また 距離が縮まったよ(笑

 

でね、

 

自分にありがちな事なんだけど・・・

 

誰かと親しくなりたいと思った時、

自分は ここまでのギリギリラインの事を言って

そこを楽しめる関係性になれるかどうか、

いけるかいけないかの境界線を行ったり来たりする節がある。

「そこを超えると 親しくなれる」という確信を持てるっていうか。

 

で、

 

それが しらふでは踏み込めない小心者気質があるため

酒の力を借りて 踏み込む性格で(;´∀`)

 

でね、

 

走りでも同じなんだよね。

 

ギリギリラインを好む。

確実に出来る事なんて興味ない。

無難になんていきたくない。

 

ギリギリに追い詰められた時に 

思いがけない自分が出てきたり、

自分の本能にぶち当たったり、

意識してなかった本質的な部分を知ったりね( ´∀`)

 

だから 飽きない。

長く走ってても ギリギリ感を味わっている間は

ランにも 自分にも飽きない。

 

今もね・・・

 

靭帯断裂しても飽きないわ。

 

こんなに凹むんだ・・・とかさ、

だからこそ ハイになるんだ・・・とかさ、

 

自分にとっての「靭帯断裂イベント」も楽しむしかないかなってさ。

 

そんなこんなをとりとめなく思う 酔っぱらいの夜。

自由にやらせてもらってる職場に感謝( ´∀`)

 

いつも見に来て頂いてありがとうございます!

ポチッと押して頂ければ幸いです。 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ