「名古屋ウィメンズマラソン」の走り方・・・自分縛りを解くラン

ちょっと語ります・・・( ´∀`)

 

最近 私の周りでは「第二の人生」というキーワードが出て来る。

 

同年代の女子が 

今までしたためてた夢を実現する為 会社を辞めたり、

はたまた 離婚をしたり、

非常に勇気ある決断を下した方達がいて。

 

そこに至る過程を思うと その決断はこれから力強く生きる、

「第二人生」の始まりというのにふさわしい。

 

自分もね、今 節目と言えば節目で

春から子供が家から巣立ち 夫婦2人生活を迎える。

「第二の人生」というと 男の人なら定年退職をしてからの今後、というのが

一般的かもしれないけど 私のようにちょびちょび仕事してる主婦にとって

仕事の終わりが「第二の人生」という気がしない。

子供が巣立つっていうのが 一番 生活が一変するような気がします。

 

でね、

 

昨年の今頃は何をしてたか ちょっと振り返ってみると

 

besmart-chari.hatenablog.com

 

私の三大 大好き男子に会いたいなんて綴ってて。

 

「6月に利尻島 一周マラソンで陽希に会って

 7月に星野源のライブ 抽選で当てて行って

 残る鏑木さんは 道外のトレラン大会に出て会いに行く」

 

 なんて言ってる。

昨年の私は「第二の人生」なんてキーワードにピンとくるような

自分ではなかった。

それだけ 子供が巣立つという事に節目を感じてるんだな〜

 

で、

再確認した。

 

私 この時のブログの思いをちゃんと実現してるではないかΣ(゚Д゚)

 

陽希さんには 利尻島で会ったし、

源のライブに行けたし、

鏑木さんは 濃昼トレランの講習会でお会い出来たし、

リベンジに燃えてた「大雪山ウルトラトレイル」では

ゲストランナーとしても会えた。

 

昨年の私 叶えてたんだよな〜( ´∀`)

 

で、

思った。

 

やっぱり 自分のやりたい事、叶えたい事は、

声を出して言って、ブログに綴っていこうと 改めて。

 

だから

 

私は これからも「2回目のサブ3.5を目指す」

 

先日の東京マラソンのスタート時「超高速ペースで行く」と設楽悠太さんが

宣言したなんて聞くと 全身の血がカーーッと燃えて(笑

胸がワクワクしたから そういう部分がある間は 

自分の体と心がそれを求めているんだなって感じて 素直に反応していこうと思う。

 

ただ今回、

 

右膝の故障は尾をひいて 今日も10㌔走ってみたけどかんばしくなく。

 

7日後に迫った「名古屋ウィメンズマラソン」・・・

私の今迄の行動から見ると アドレナリン全開で無理をするような気がする。

 

今迄 自分が大会で課してきた事は

 

・全て出し切る

・歩かない

・出し切る事で達成感を得る

 

そんな あつ、熱、キャラだった。

それが自分の醍醐味だなと思ってたとこもあった。

 

でも今回は そんな「自分縛りを全部解く」

 

・出し切らない

・歩く

・出し切らない事で達成感を得られるのか?! をやる( ´∀`)

 

そして そこで自分の事 不甲斐ないとか一切思わない。

今までも「ファンラン」と言いながらも 結局 速さを気にしない事はなかった。

 

今回は 故障からの「究極のファンランを楽しみなさい」という

プレゼントだと思って走る。

のんびり走る事で 何が見えるのか存分に楽しんできたいと思います。

 

自分には 5月の洞爺湖ラソンと 6月のサロマウルトラ100㌔という

本気の本気があるから それに影響をおよぼすような無茶は禁物。

 

昔の映画「スピード」を思い出した・・・

 

www.youtube.com

 

爆弾魔とSWATによる、手に汗握る攻防を描いたノンストップ・アクションで、速度が50マイル毎時(約80km/h)以下になるとバスが爆発するという設定と、次から次へと起こる危機を頭脳的かつゲーム感覚で解決していく展開が繰り広げられる。

 

私も キロ6:00ペースにまで上がったら 

自爆するとかそんな仕掛けをして臨むかも(笑・ウソウソ 怖いって(;・∀・))

 

「第二の人生」の節目のおっぱじめ〜

まずは 違う角度からラン大会、体感してくるよ〜( ´∀`)

 

いつも見に来て頂いてありがとうございます!

ポチッと押して頂ければ幸いです。 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ