温かきトレラン大会①スタートまで

かいーよー、

かいーよー、

 

いたる所が虫に刺されてます(;´∀`)

 

でも これは蚊です。

ブヨとかだったら もっとかきむしります。

 

だから 大丈夫、全く平気です・・・

 

そんな思考にたどり着くまでの今回の振り返り

してみよっか( ´∀`)

 

***

 

まず 今回のイベントは少人数であること。

全て自己責任であること。

トレイルでロストしやすい場所も多くあること。

クマ、ハチには十分注意すること。

夜間をともなうこと。

 

・・・・・もう私は 

大会が近づくにつれてビビりまくりでして(;´∀`)

 

スタートは金曜の夜。

会社が終わって風呂入って、ご飯食べて、

20分だけガーッと寝て、歯を磨くの忘れて(ずーーっと磨けない)

夜中12時スタートです。

 

深夜のスタート。

 

クマも怖いし 女子メンバーとご一緒ランする予定だったけど

みんな私より速いし強いし、遅れないようにしなければ・・・

途中 リタイアするような事があっても

山中だったら(ほとんど山中)自力で家まで

たどり着かなければならない。

そんな自分の調子の見極めができるだろうか。

 

最近 周りでいいことが続きすぎていたので

ここに来て 私がクマに襲われるとか(数日前に札幌市内でクマに襲われる事故あり)

悲運を辿るのでは・・・

 

そんな事まで考えた数日間でした。

結構 追い込まれてた(;´∀`)

 

大きな大会ならナイトを含んでも

参加人数の多さと ボランティアさんの配置、

エスケープの確保等 ある程度の安心感はあるけれど

今回は違う、違うんだ、

と 脳内の考えが止まらない。

 

ただ そういう事を家族にまくしたてたら

「だったら 出なければいいでしょ」

で 終わりますからね。

あんまりごちゃごちゃ言わないように(;´∀`)

 

で、

 

スタート地点に旦那さんが送ってくれる。

(帰りも迎えに来てくれたし、その前に最後の藻岩山下る時に山頂で激励してくれたし、家帰ってからも買い物行ってジンギスカン焼いてくれて 後片付けも全部してくれた。出来杉君じゃないか!!! こんな37時間も山の中走って遊び呆けている妻に。何かしら尽くさなきゃ。もういじめないから)

 

そこには これから楽しむぞ〜という

トレイルランナー達が。

 

なんか 私とは違う(笑)かっこいい感じのランナーが溢れてる。

 

ツワモノ・・・

大会での入賞者・・・

 

わ〜〜 なんか知らない人ばっかりだし

私 浮いてる〜(;´∀`)

 

で、

 

「チャーリーさんじゃない?」

 

とお声がけが。 

この場で私の事をチャーリーと呼ぶ人はいない。

トレラン業界では本名を名乗ってる(笑

 

あっ「大雪山ウルトラトレイル」で会ったお方だーーー!!

心がほぐれました。

ありがとうございました〜♪( ´∀`)

 

そして スタートなんですが このコースは

レアな部分がたくさん含まれていて 私も試走をぼちぼちしてて。

じゃないとロストするから。

 

とっぱじめから 私の知らない藻岩山スキー場コースへ行くのですが

そこがもうエグくて(;´∀`)

 

気温は15度くらい。

無風。

前日は「ストロベリームーン」だったからまん丸お月さま。

 

最高の気象条件に恵まれて 幸先よく始まった37時間の旅。

 

なんか・・・あんなに辛かったのに もう美化してる・・・

そんなもんだよね( ´∀`)

 

まだまだ ずるずると続きます・・・

 

いつも見に来て頂いてありがとうございます!

ポチッと押して頂ければ幸いです。 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ