吹雪になると「北の国から」を思い出す

昨日は 車で実家に向かう時 

ホワイトアウトの一歩手前でした。

 

こういう時は「北の国から」のこの話を思い出します。

 

www.1101.com

運転中に猛吹雪で遭難した雪子と純。

みんなで探しても見つからず 

探し当ててくれたのは 年老いた「馬」だった。

 

で、

その馬が売られ・・・

 

と話は続くのですが その話での「猛吹雪」のシーンが

記憶に深く刻み込まれてます。

そして 文明の利器ではなく「馬」が助けてくれるという。

 

私も昨日 運転しながら「馬が・・・ 馬が・・・」と

若干 つぶやきましたね(;´∀`)

 

で、

 

昨日は 父の病院へ母と着替えを届ける時に

奇跡的に父と会えたという( ´∀`)

 

多分 看護婦さんが配慮してくれたのかもしれません。

車椅子に乗って少し離れた場所にいた父。

 

思わず アイドルに群がろうとするファン的な行動を

とろうとして 看護婦さんに静止されました(;´∀`)

 

で、

 

今日 実家の朝は 引き続き雪に始まり・・・

膝までの雪を進み、車を掘り起こし・・・

会社には遅刻し・・・

新業務に手こずり・・・

 

そして 

 

退社後 歯医者の診察台モニターに

「富士山」が映し出されるのを見て

なんとなく 昨日から私は

「仮想 UTMF」をしてきたような気持ちになった(笑

 

昨日 父は「鏑木さん」的な存在であったし、

雪は 色んな難関を用意してくれてたし、

会社でも今は我慢の時だと思っているし、

母のボリューミーな手作りの美味しいお弁当は楽しいエイドみたいだったし、

 

そんな事を突破しての

歯医者診察台モニターに映し出される富士山・・・

 

ゴールした気分で

治療も気持ちよくしてもらった(案外 歯医者が好き・笑)

 

で、

 

実家の雪はすごい・・・(私の所の3倍以上の積雪(;´∀`))

今まで父と母と2人で この地でよく頑張ってきたねと

心から思った。

 

いつも見に来て頂いてありがとうございます!

ポチッと押して頂ければ幸いです。 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ