「富良野トレイル 2020」③第4エイド〜ゴール & 裸足ラン4回目

今日は 仕事帰りに墓場で裸足ランで足を整える( ´∀`)

桜の葉が紅葉してて、そこの道だけ何往復もしてしまった。

 

f:id:besmart-chari:20200930232805j:plain
f:id:besmart-chari:20200930232819j:plain
f:id:besmart-chari:20200930232832j:plain

f:id:besmart-chari:20200930232854j:plain

墓場だから お墓は入らないように写真撮ろうと思ってるんだけど

あまりにも夕景が綺麗で お墓もちょっと入ってしまったね(;´∀`)

 

で、

 

つづきです・・・

 

★★★

 

f:id:besmart-chari:20200929221020j:plain

一山越えて、15キロ表示のとこから もう一山行きます( ´∀`)

 

富良野西岳は900mほど登って

北の峰スキー場は600mほど。

ここさえ登れば あとは下るだけなので気持ち的には楽です。

 

f:id:besmart-chari:20200930233611j:plain
f:id:besmart-chari:20200930233623j:plain

お友達に撮って頂いた写真♪

顔が崩壊してるぐらい機嫌よく笑っています(;´∀`)

「あとは一山 登るだけだし」という

楽観的で楽しそうな自分ですね♪

 

足的には まだまだ登れる。

結構 きてるけどまだいける。

 

そういう時の自分の顔は真剣さ、

ケモノ感が溢れてると思う。

 

で、

 

今日ね ちょっと交渉事で険しい場面があって。

その時に「お前、シルベスター・スタローンみたいな顔してる」

と旦那さんに言われました(;´∀`)

 

「人を撃ちそうな顔だ」とも(;´∀`)

 

ランボー」イメージでしょうね・・・

 

多分 トレイルの上りの時は「シルベスター・スタローン顔」

してたと思います(笑

 

で、

 

私は 基本 ストックは使わないです。

 

昨年の「上州武尊山スカイビュー70キロ」では 

スキー場を何個も登るというコースだったので

自分の身を案じて使ったけど 今回は無し。

 

というのは「UTMF」は ストック使用不可だから。

 

あの大会に出たいという気持ちは まだまだあるから

ストックに頼らないトレランを体になじませたいのだ。

 

富良野トレイル」は前半の「富良野西岳」は

手を使って登る箇所も多くて もし持ってきてたら

取り回し技術が未熟なので ストックを持て余していたかも。

 

で、

 

後半の「北の峰スキー場」は ストックあった方が絶対楽ですね。

でも 太ももを手で押して歩くパワーウォーク的な感じが

体にしっくりくるようになったのも感じる。

 

昔は 太ももを手で押して歩くと 力が入るどころか

返って太ももに負荷がかかって辛いだけだったんですが 

何年がかりでようやくこれいい!!と思えるように。

習得まで時間がかかるタイプです(;´∀`)

 

上りでパスした方に「ストック無しで よくいけるね」とか

声かけてもらうと ちょっと嬉しくなるのが正直なとこ。

 

そんなんで登りきって また このエイドに。

 

f:id:besmart-chari:20200929233359j:plain

へそまんじゅう頂きます( ´∀`)

 

で、

 

あとは下るだけ。

 

ここも先程の下りと同じく 石ゴロゴロのザレた道。

 

斜度もキツイので 気を抜けば自分の能力以上の速さで下ってしまう。

スピードコントロールと ぐねらないように集中して走る。

 

ラン友さんがすごいスピードで追い抜いてった。

「いけ、いけーーー!!」って思わず エールを送る。

下りでも「シルベスター・スタローン顔」(笑)してたと思うけど

ほんと 大会楽しいね♪( ´∀`)

 

下りきって 若干のアップダウンがあるシングルトラックに入る。

 

適正スピードが緩められ、前太ももでスピードコントロールして

負荷がかかったせいか ここで右前太ももが攣るという(;´∀`)

 

この部分が攣るというのは初めてだったので

痛みもキツイし もしかして肉離れ?と一瞬思いました。

 

ただ 昨年の「上州武尊山スカイビュー」の時に同宿だった

看護師さんの言葉を思い出しまして。

 

「攣った時は乳酸が溜まっている。止まらず 動けるスピードで走り続けると

乳酸はエネルギー源に変わるから とにかく動かし続けて」

 

よし、まずは動かし続けようと。

 

ここで痛みが強くなるようなら「肉離れ」

弱まるようなら「攣り」

 

で、

 

ゆっくりでも走る。

痛くても走る。

 

をやってたら 痛みの弱まりを感じたので 

これは「攣り」だと。

 

ならば、

「乳酸をエネルギーに変えてやる」シルベスター・スタローン顔)

ギラギラしながら走りました( ´∀`)

 

で、

 

痛みは去った・・・

 

よし、ゴールまで全部出し切るっ!!

そんな思いで ゴーーーール\(^o^)/

 

で、

 

ゴール時に自分に問いたかった。

 

「まだまだ これ以上の距離を走りたいと思うか?」って。

 

うん、

 

山を走りたい・・・

朝も昼も夜も、全部走りたい・・・

 

今回 この距離を走るのもおっかなびっくりだったし

「この距離で十分かな」と思う自分もありえるなと感じてた。

けど ゴールして心も体も「もっと走りたい」

という気持ちがとめどもなく湧いてきて。

 

その確認が 今回の一番の収穫とも言えるかも。

もっとやりたい病 発症(;´∀`)

 

今回 たくさんのランナーさんとお話もできて とても楽しかった。

(ブログを読んで頂いた方もいらした。ありがとうございました)

 

その中で今年の「UTMF」に参加される方もチラホラ。

来年か再来年かのエントリー選択のお話などを聞いて私も心が踊った。

 

自分が行けるか、行けないか、

全くわからないし、エントリーできる確率も低いけど

私はそこを目指してる。

過去の話でなくて 現在進行系の気持ちである自分が嬉しかった。

 

そんなこんなで 楽しい大会でしたね〜

 

富良野西岳」という山の存在すら知らなかった私・・・(;´∀`)

富良野に来たら どうしても大きなお山

十勝岳」や「富良野岳」や「芦別岳」に

目が行きがちだったけど「富良野西岳」は

バラエティに富んだいいお山でした。

 

今回 見たお花( ´∀`)

 

f:id:besmart-chari:20201001010232j:plain
f:id:besmart-chari:20201001010245j:plain

ヤマハハコ」「ツバメオモト」

 

花の名前が ちょっとだけわかるようになったから

また それも走っててテンションをUPさせた。

コロナがなかったら「花」にのめりこむ事もなかったな。

 

f:id:besmart-chari:20201001010256j:plain
f:id:besmart-chari:20201001010307j:plain
f:id:besmart-chari:20201001010319j:plain
f:id:besmart-chari:20201001010330j:plain

ゴール後のホットミルク。

美味しくて3杯おかわりしてしまった。

 

特設コーナーの野菜売り場が安い!!!

詰め放題新じゃが 300円

詰め放題たまねぎ 100円

ブロッコリー、かぼちゃ、100円

 

トレイル プラスαのお楽しみがいっぱいの富良野

おもてなし、たくさん頂きましたm(_ _)m

 

関係者の皆様 開催して頂いて心より感謝いたします。

ありがとうございました!!

 

怪我なく走り終えた事に感謝。

トレイルの大会に復帰できた事に感謝。

怪我の時は たくさんの励ましを頂いてありがとうございました。

また これからも健康を有難がって走ります。

充実の1泊2日。

これにて レポ終了( ´∀`)

 

あっ 動画の「赤フン」の事 聞くの忘れた(゚д゚)!

 

 

いつも見に来て頂いてありがとうございます!

ポチッと押して頂ければ幸いです。 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ