ぼんやりと「信用」を考える

あるメーカーが主催するイベントに当選していたけど 

このご時勢で中止の案内が届いてた。

 

で、

 

それが 案内だけではなく「お菓子」と「商品券」付き(゚д゚)!

私は 応募して当たっただけ。

お金は一切 発生してないのだ。

お詫びがこんな形になるなんて!!

 

「人を大切にする」

「手厚い」

 

我が家の評価もうなぎ上りで何かの時には 

そのメーカーの物を購入しようと強く思いました。

 

で、

 

思い出してしまった・・・

そのメーカーの過去の不祥事を・・・

 

きっと その過去を活かして「お客様第一」を

モットーにしてるんだと思った。

素晴らしい「企業姿勢」だと思った。

 

と 同時に、

 

「そこまでやらなければ 信用は回復しない」という現実も垣間見たような。

手厚いが為に その過去を不意に思い出してしまう私のような奴もいて(;´∀`)

 

程々の「姿勢」だと 程々にしか見られない。

「あ〜 その程度ね」って 思われる事もある。

信用を一度失っているから もうそれは自分に返ってくるもんで。

 

きっと そのメーカーはいつまでもいつまでも「手厚い姿勢」を繰り返し、信用を揺らがせないよう「お客様第一」を 苦しい程に貫いていくのかな・・・なんて ある俳優の不倫会見の内容をネットニュースで見ながら感じた(;´∀`)

 

「信用」・・・

 

私も 天使みたいに生きてきたわけじゃないので(極悪(;´∀`)) 綺麗事は言いませんが、一度失った信用を取り戻すのは一生かかるんだなって 改めて思ったよ。

 

 

 

今日も マラソン大会の中止が何件も発表されましたね。

北海道の5月の大会も・・・

とうとう北海道の5月も来たか・・・

 

「中止」を発表するまでの過程も案内の文面も 

それに携わる人達はその中に「誠意」を読み取る。

「信用」は またそこから生まれたり、崩れたり。

まぁ 私は 何がどうなっても走り続けるしかないもんね〜

 

で、

 

今日は 休足。

病院でリハビリして レッドコードで鍛えまくりました( ´∀`)

変な声出たわ(笑

「尻の筋肉が育ってる」と先生に褒められて ニンマリ\(^o^)/

 

いつも見に来て頂いてありがとうございます!

ポチッと押して頂ければ幸いです。 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村