「サロマウルトラ」目指す事は「ロングトレイル」への道にも繋がるよ

久々の10キロ超えラン\(^o^)/

 

14キロ走れたっ!!!

 

今まで最長8キロだったらから 

ちょっと伸ばし過ぎだったんだけど

15キロにしたいとこを グッと抑えた。

 

というのも 

 

病院の先生の

「やり過ぎはダメですからね」(目が(-ω☆)キラリ)

というのと、

 

病院リハビリ担当先生の

「何でもやり過ぎちゃんですね・・・」(苦笑顔(;´∀`))

 

の表情付きの顔を浮かんできて

「ここでやり過ぎてなるものか!!」

と理性が私を制御した(笑

 

で、

 

とにかく 足の状態も 体の動かし方も

ピターっとハマった感アリで調子づきました。

 

肩の力を抜いて 胸を張り気味 肩甲骨を回すイメージ

体の真下より若干後方着地 中殿筋と内転筋を使う

 

非常に軽く体が動きましたね〜

上半身で走ってるのを実感( ´∀`)

 

その後 2キロ程歩き「体の真下より若干後方着地」をゆっくりと確認。

気になる左足着地のバランス修正して 練習終了♪

 

14キロ走ったといっても キロ6:44の速さ。

今の私に スピードはいらないさ。

っていうか できないのさ(;´∀`)

 

イカ「故障しないフォームで 長く動き続けられか」

そこんとこを まず しっかりと取り組みたい。

 

で、

 

「サロマウルトラ100キロ」に向けて 今回 試みたい事があって。

 

自分の今までのウルトラのコンセプトは

「旅するように走りたい」でした。

 

完走できればOK。

タイムはさほど気にせず、

「エイド」「景色」「人との交流」

この3つを存分に堪能。

 

最後の10キロないし、

5キロを全力で飛ばし

「脳内麻薬エンドルフィンを出し 

足の痛さ、体の辛さの全てを感じない 

多幸感に包まれた状態ゴールする」

でした。

 

今までのラン歴の中で「脳内麻薬エンドルフィン」が出たのは

「サロマウルトラ」の時だけ。

「フルマラソン」や「トレイル」でも 

あそこまでのエンドルフィン分泌できずで。

 

で、

 

今回も ほぼ これらは変わりないんですが

一番違うのが「エイド」について。

 

「エイドで休まない」

「ずっと動き続ける」

 

これを主軸に臨みたいと思います。

 

というのも 先日のトレイルランナーの

「丹羽薫さんのオマーン報告会」でのお話が心に残ってて。

 

・100マイルではエイド5分滞在。あっという間で エイド飯などは摂る暇無し。サポーターが必要な物を手際よく準備してくれる。

 

・大休憩しなくても走り続ける速さで行くことが大切。どんなに速く走っても大休憩してしまえば あっという間に時間は経ってしまう。

 

 

100マイルではエイド5分滞在・・・

サロマもエイド滞在時間を短くする。

エイドでの滞在時間は「ロングトレイル」 を完走できるかどうか左右するわけで。 

私のような「UTMF」リタイアランナーには身に沁みてわかってる事なんで

短時間で補給し すぐ動く練習をする。

 

そして

 

大休憩しなくても走り続ける速さで行くことが大切・・・

今は 全く速く走る練習はできない事がわかってる。

ならばっ!! 

それをイカして大休憩する事なく ずっと動き続ける事を目標とする。

いつも エイドのお汁粉ゆっくり食べたりしてるからね〜

(寄り道で、牛の置物の尻の劣化具合は見に行くけど(;´∀`))

 

そんなふうに「ロングトレイル」への復帰への道にも絡めた意識を持って

今回の「サロマ」にチャレンジしようと思います。

 

だから・・・ 

 

新型コロナウイルスで 

まだまだ 大会開催可否がままならない状態ではあるけれど

どちらにしても やる事、目指す事は一緒。

 

100キロ走れる足を作る事

長く動き続ける体を作る事(食事面・精神鍛錬)

 

そして 

 

イカで最後まで元気よく走る事

 

これも必須で( ´∀`)

 

さっ

ジョジョにまた積み重ねていこう( ´∀`)

 

いつも見に来て頂いてありがとうございます!

ポチッと押して頂ければ幸いです。 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村