「走る奴なんて馬鹿だと思ってた」これから読みます

   f:id:besmart-chari:20191225223302p:plain

「走る奴なんて馬鹿だと思ってた」 by 松久 淳

 

雑誌『Tarzan』の人気連載が単行本に!

運動とはまったく無縁。
文化系&夜型生活を極めた作家・松久 淳が45歳にしてマラソンにハマッた。
なぜ人間は走るのか?
そこにイミはあるのか?
ラソンの本=ハウツーという常識を超えた!?
笑えるマラソンエッセイ、ここに誕生!

僕は松久 淳のことをよく知ったつもりでいたが、“馬鹿だと思ってた奴ほどよく走る"ことは知らなかった。――みうらじゅん

松久さん、僕が教えたら4時間切れますよ! ――猫ひろし


45歳まで、文化系極まる生活を続け、たった100mも走れなかった作家が、
度重なる体調不良をきかっけに走ることに目覚め、
遂にはフルマラソンを完走するまでになった経緯を、
自虐あり・笑いあり・マジメな提案ありの文章で紹介するエッセイです。

この本はマラソンの「実用書」ではありません。
この本を読んでも、速くは走れないかもしれません。
でも、マラソンの楽しさや悲喜こもごもをじんわり味わったり、
走ってみようかなという気持ちにさせてくれます。

ラソンランナーはサブ3やサブ4のエリートばかりじゃない。
いつも後ろのほうでギリギリ完走でもいいんです。
そんな“遅いけど頑張るおじさんランナー"の背中をグイっと押してくれる1冊です。

 

はてブロでもご紹介されてた方が何人かいて

面白そうだな〜読んでみようかな〜と思ってた。

 

で、

 

本は手に取ったんですが まだ 読んではいません。

 

でも「面白い!!」という確信あり\(^o^)/

 

だって 

 

僕は松久 淳のことをよく知ったつもりでいたが、“馬鹿だと思ってた奴ほどよく走る"ことは知らなかった。

 みうらじゅん

 

 

てね、

本の帯に みうらじゅんさんの推薦文があるんだもの(笑

 

みうらじゅんさんが お薦めするものに間違いはありません( ´∀`)

サブカルの帝王」が言うんですからっ!!!

 

以前も みうらじゅんさんの事と共に

「ピックアップ補給術」を熱く語ってますね〜


besmart-chari.hatenablog.com

 

「ピックアップ補給術」・・・

当時 この記事をUPした時は気づかなかったけど

ランナーが落とした物を拾って走る行為は 

ごみ問題にも、あとで片付けするボランティアの人にも優しい♪

サブカルな補給術であり エコな補給術と言ってもいいよね( ´∀`)

 

まぁそんなんで この本 今夜から読み始めるのが楽しみです♪

 

いつも見に来て頂いてありがとうございます!

ポチッと押して頂ければ幸いです。 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ