その精神力はないけど、この精神力ならある

昨日の練習の疲れを引きずってる者です・・・

疲れてるわ・・・(;´∀`)

って思ってたけど 先程まで忘年会で飲んでたら疲れ抜けた(笑

 

やっぱ疲れてる時ほど お出かけです。

おしゃべりとお酒、これに限るな( ´∀`)有り難し!!

 

で、

 

先日 数年ぶりに一緒に走った昔の職場の方。

私が 初めてフルマラソンに出るっていう頃ですから

ずいぶん前に知り合った方ですね( ´∀`)

 

彼女が「走る」のもいいな・・・と思ってたとこに

現れたのが私で、それで すぐさま走り始めたお方なんです。

 

「私が『走る』きっかけだったよ」

と言って頂くと なんかこそばゆい感じ・・・

と同時に嬉しかったですね( ´∀`)

 

で、

 

ウルトラ距離50キロまで走っているというのを聞いたので

「50キロ走れたら 100キロ走れますよ」って

言ったら、

 

「私は信じないっ!! 

昔も10キロ走れれば フルマラソン走れますから〜って言ってて

ほんとエライ目にあったんだから!!!」

って言われましたね〜(;´∀`)

 

いや だって ほんとなんだってば〜(笑

 

やりたいか、別にやりたくないか、それにかかってるからさ〜

って言っても あまり信用されない人物像なもんで

詐欺師的な感じですね(;´∀`)

 

そして 当時の話・・・

 

私はその職場の上司にこっぴどく怒られる日々だった。

自分が仕事ができないから すごく怒られるんだけど

ほんと悔しくて 情けなくて 

いつも「悔しい、悔しい・・・」って泣きながら走ってて(笑)

 

ただ 悔しさをから何を生むかっていったら

仕事ができるようになりたいという気持ちしかなくって。

 

けど 大人になってから 頭ごなしに怒られることってまずない。

段々 心も元気失っていく自分がわかった。

 

そして 上司は女性で。

その怒り方を見てて 自分も子供にこんなに感情的に怒っているのかも

と自分を省みる機会をもらったように思う。

 

ちょうど息子達は思春期で 難しい年頃だった。

こんな怒り方をされたら「はん、女は ほんと感情的だな」って

心を閉ざすだけだなって学んだんだよね。

 

 結局 ちょっと喰らいついたんだけど 力及ばずその仕事は辞めた。

本当にしたい仕事だったら 石にかじりついてでもした方が

自分のためになるけど そんな気持ちもなかった。

 

今回一緒に走った彼女は そういう私を いつも慰め元気くれてた方。

 

彼女いわく、

「ウルトラ100キロ走れる精神力はあっても、

あの職場に居続ける精神力はなかったか〜」って笑ってて。

 

うん、そう、ウルトラの精神力と あの職場での精神力は別物。

 

あの時は まだ ウルトラやってなかったけど・・・

 

ただ 今の自分だったら 

「せっかく採用されたのに辞めたら申し訳ない」とか

自分の意志より 周りの状況を一つの理由にして

とどまる事はまずしなかっただろう。

 

もう少し、もう少し・・・

なんて我慢せず、

 

「私、辞めます」

って 自分の不適応さに さっさと見切りをつけてたかな・・・

と思ったりする。

 

そういう見極め、自分の意志を優先する力は

ラソンで育まれたかなと思う。

 

不適応と適応、

さっさと見切りつけるあっさり加減は

歳とったせいもあるかもしれないけど(;´∀`)

好きな事しかしないっていうスタンスを生んでくれてる。

 

あら・・・

また 飲みすぎたかしら(笑

語り入ってるな(;´∀`)

 

さっ明日も 今の仕事を頑張ろう♪

 

いつも見に来て頂いてありがとうございます!

ポチッと押して頂ければ幸いです。 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ