トレイル50歳オーバー女子の開眼

今日は暗闇のベッドの上から書き綴る・・・

 

ただ今、入院中。

大腸ポリープ切除手術も無事終わり、すっきりんこ(´∀`)

 

明日、すぐ退院だし嬉しいな。

あー、焼き鳥食べたい(笑

 

なんか   静かな気持ちで書き綴ろうか・・・

 

✴︎✴︎✴︎

 

トレイルの大会に出始めたのは、2016年だから3年前。

 

その頃は、とにかく山を走りたかったというその思いだけで。

 

気づけばポイントが貯まり「UTMF」のエントリーをする段階になって。

 

もう50歳を過ぎてましたし、体力的に最初で最後かもしれないと思った節がありました。

 

北海道内のトレイルランナー女子は、今、ジョジョに増えつつあるのはわかるけど、それが50歳オーバー女子となると少ない。

 

道内の大会に出てもそれを感じていた。

70キロオーバーとなると尚更。

 

けどね、

 

私よりめちゃめちゃ速い先輩女子に出会えたり、身近な女子先輩達が、トレイルに果敢に挑戦し始めたり、ブログを通じて同じ年代で怪我を超えて「UTMF」を完走された女子とお知り合いになれたりね、

 

はたまた、

 

道外を飛び出し、本州の大会に出たら「この方は50歳オーバーかな」という雰囲気の方がゴロゴロいて(笑)

 

なんでそんな体力の限界とか気にしてたのかなって。

 

私、狭い世界で物を見てたな・・・

 

って、思いましたね。

 

年齢で区切る世界。

それに縛られるのは、まっぴらごめんと思いながらも、自然に自分を縛ってた。

 

で、

年齢で区切らず、何で区切るかって言ったら、

 

意欲がなくなった時。

 

それしかないね。

 

来年の「UTMF」は出れないけど  再来年、ダメなら次、ダメならまた次って思ってるうちは挑戦は永遠だと思ってる(´∀`)

意欲なければ、とっとやめる。

 

で、

 

もう一つ自分を区切る指標があったね、

 

実力が伴わない時

 

もう一つ、まだある、

 

練習してない時

 

ダメモトはいや。

挑戦できる、

そこまでの積み上げをやれる自分で居続けたら最高だな〜(´∀`)

 

 

いつも見に来て頂いてありがとうございます!

ポチッと押して頂ければ幸いです。 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ