入院生活。女っぷりをあげる事。

入院生活8日目。

 

リハビリ順調。

階段上り下りOK。

傷の治り具合OK。

 

この8日間  入院生活とすっぴん生活(笑)をやり通してきました。

 

日頃、自分の顔の劣化をじっくり見るのもはばかれてたんだけど(^_^;)  元々  好きであった「美容」分野にゆっくり流れる時間の中、目を向けてみました(笑)

 

入院時・・・短髪。

配布された病院着・・・これを着てる自分が女であるという証明がしにくい^^;

 

で、

 

この「短髪病院着すっぴん」で、男か女かわかる、そして  何かしらの「自分ちゃんとしてますー」ポイントを醸し出す部位としてあげられるのが

 

「まつげ」

 

だと思う(´∀`)

 

もっとちゃんと言えば「エクステ」

 

ですね(´∀`)

 

会社の同僚や、お店のレジの方でも「あらっ!!なんか綺麗」と思わず目がいってしまったり、9月の「上州武尊山スカイビュートレイル」時、ペンションで会った女子達が「垢抜けている!!」と感じたのは造作の美しさや都会の人(私は田舎丸出し系・笑)というのもあるけれど、「エクステ」がしっかり施されてて、まつげフサフサバッチリ上がってるという感じで、オシャレなトレイル女性達だったのだ。

 

で、

 

今年の「UTMF」の放送見てたら、この方もバッチリまつげ上がってた。

 

 

timetoplay.salomon.jp

 

丹羽薫さん。

 

トレイル女子「エクステ」多し。

あんな泥だらけ、雨に降られても、まつげはフサフサ上がってる!

勇ましいけど細部に女子らしさがあると、行き届いてる感があって好ましい(´∀`)

 

で、

 

「まつげパーマ」で、この方も。

 

www.mbs.jp

三浦雄一郎さんの登山に同行してる山岳医  大城和恵さん。

テレビで富士山の山岳医として山に入る前は、必ず 「まつげパーマ」するそうで。

山では化粧する暇もないので、まつげだけはピン!と上げていくって仰ってて。

 

わかるっ!

 

女って生き物はさ、まつげが上がると気分も上がるんだよね!

 

自分でやったまつげカールは、汗や水ですぐ下向きになっちゃうけど  まつげパーマやエクステは下がりませんからね。

 

私の周りの身近なランナーさんでも、エクステとネイルを綺麗にしてたら  結構  私  うっとりしてるんですよね〜(´∀`)

 

年齢重ねたら、より末端を綺麗に!!

そんな事を考えた昼下がりのベッドの上♪

 

 

いつも見に来て頂いてありがとうございます!

ポチッと押して頂ければ幸いです。 

  

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ