トレランやっててよかった②「平山」

今日は 藻岩山トレラン♪

「上州武尊山スカイビュー70」前の最後の山練となりました。

 

同じ大会の140キロに参加する憧れトレイル女子にも

遭遇して元気もらったな( ´∀`)

 

左脛内側の痛みが増してきてるのが気になるけど

登り下り、何をやったら一番痛いか確認してきた。

まぁ登りなら大丈夫そうかな。

明日は走らないどこうっと。

 

 

★★★

 

 

 山行のつづき・・・

 

前日に「赤岳」で紅葉を満喫して 次の日は「平山」へ。

 

「平山」は「大雪山トレイルジャーニー」の稜線分岐地点で

左に進むとある。

 

大会のコースは 分岐地点を右に行き 歩行区間に突入するので

1度行ってみたいお山だった。

 

そして「晴れ」の日に登りたい山だった。

 

過去 大会ではガスってて 頂上から見える恐竜ギザギザに例えられる

ニセイカウシュッペ山の「アンギラス」の眺望を拝んだことがなかった。

私が見たくてたまらない景色に遭遇したい。

 

そして ゆっくり登山道を散策したかった

 

大会では 林道関門を1分前にクリアし、

その後の山岳パートも関門があったため 寄り道できる余裕はなかった。

だから 見落としていた部分も

この山の全てを 愛でるように感じたかったんだよね(欲張りです)

 

まずはここ。

f:id:besmart-chari:20190916203856j:plain

天狗平。

スタートして すぐここ通ったな〜

 

 

f:id:besmart-chari:20190916203843j:plain

あのずっと向こうを走り続けたぞーーー!!!

53キロも林道走らせるなんてーーー関門キツイし むごいぞー!!!(本音の叫び・笑)

 

そして「平山」登山口まで。

苦しめられた林道。

車で行くとあっという間だわ。早いわ。

 

f:id:besmart-chari:20190916204403j:plain

登山口。

1分前に 53キロ関門を通過したとこ。

あの時 必死だったよ(;´∀`)

 

旦那さんに いちいち説明しながら登り始める( ´∀`)

 

f:id:besmart-chari:20190916204841j:plain

大会の時は こんな写真撮ってるヒマなかったな〜地点( ´∀`)

次の関門が〜 関門が〜 アガガガ状態地点。

ここ「夫婦の滝」ってとこだったんだね。
 

 さらに進むと、

f:id:besmart-chari:20190916204132j:plain

あらっ!!!

こんな所に滝が(゚д゚)!

全然 大会の時は 気が付かなかった!!!

「行雲の滝」ってとこだったんだ。

 

 

f:id:besmart-chari:20190916205132j:plain

見上げたら 葉っぱの虫食い芸術作品( ´∀`)

ケルトン葉っぱ。

 

 

f:id:besmart-chari:20190916205151j:plain

この滝でマイナスイオン浴びまくり〜( ´∀`)

 

更に進むと、

f:id:besmart-chari:20190916205241j:plain

滝 みっけ!!

「冷涼の滝」

 

f:id:besmart-chari:20190916204202j:plain

下に降りる道もある。

もちろん降りて 

 

f:id:besmart-chari:20190916205302j:plain

間近で滝鑑賞( ´∀`)

 

 

f:id:besmart-chari:20190916205324j:plain

旦那さんは降りずに見守り隊員・笑( ´∀`)

 

 

f:id:besmart-chari:20190916211654j:plain

赤だまり地区もあった( ´∀`)

こんなに紅葉も綺麗なんだね〜 この山は。

 

 

f:id:besmart-chari:20190916211711j:plain

赤だまり地区を背に必死に登る旦那さん。

「赤岳より登りにくい。ここを走るのか!!!」

と言っておりましたが

「私は 走らない。走れない」と説明しておきました。

トレイルランナーは登りを駆け上がっていく人も

もちろんいるけど 私のように歩く人だって

トレランの大会に出れるんだよって伝えたい。

関門の時間さえ押してなければ 歩きも全然OKさ( ´∀`)

 

大会時に 体を冷した湧き水地点。

f:id:besmart-chari:20190916211800j:plain

フキの水道仕様になってた( ´∀`)

ちゃんと固定されてて 使い勝手良かった(笑

 

 

f:id:besmart-chari:20190916211826j:plain

雪渓ゾーンに到着。

雪は1つもなかった。

 

 

f:id:besmart-chari:20190803003215j:plain

7月末の大会の時はこんな感じだったね( ´∀`)

 

 

f:id:besmart-chari:20190916211943j:plainf:id:besmart-chari:20190803003722j:plain

秋は紅葉、夏は黄色の花と雪渓。

写真じゃ伝えきれないけど ここからの景色は最高( ´∀`)

 

ここから30分程で稜線に出ます。

 

私の見たい景色を見れるかどうか・・・

ドキドキワクワクしながら登ってく。

 

あっ 見えた!!!

f:id:besmart-chari:20190916212108j:plain

アンギラスが綺麗だーーーー\(^o^)/

見たい景色を見れて感無量。

やっと会えたーーーって泣くわ、ほんと(笑

 

 

f:id:besmart-chari:20190916212124j:plain

真正面には 表大雪山がでーーーんと見える。

 

 

f:id:besmart-chari:20190916212136j:plain

左には「平山」

ほんとに平たくって 名前通りでびっくりした(笑

大会では行かないコース、ここも足を延ばしてみたかった。

 

 

f:id:besmart-chari:20190916212215j:plain

見事に真っ二つの「ひらやま頂上」(;´∀`)

 

それから 大会のコースとなっている登山道を行ってみる。

 

f:id:besmart-chari:20190916212244j:plain

あの右のずーーーーっと端まで行ったよね。

ガスってたから 何も見渡せなかったけど。

ここの歩行区間で 歩きながら赤飯おにぎり食べたな〜

いいとこだな、ほんと( ´∀`)

 

 

f:id:besmart-chari:20190916212313j:plain

見上げれば 秋の雲。

 

 

f:id:besmart-chari:20190916212418j:plain

ただ この日の下界は31度。

紫外線が強く 日焼けイヤイヤトレイルランナーの私は

怪しい感じでカップ麺すする( ´∀`)

 

 

f:id:besmart-chari:20190916212517j:plain

この景色を目に焼き付け さぁ 下りますか。

 

 

f:id:besmart-chari:20190916212539j:plain

あ〜 いい山だな〜( ´∀`)

下りも ほんと楽しいわ!!!

 

自分の見たい景色と 見落としてた景色を満喫できて

本当に気が済んだ。

 

もう「大雪山トレイルジャーニー」に出なくてもいいな・・・

と 思えるくらいに気が済んでしまったという(;´∀`)

 

でね、

 

自分が走り始めたきっかけは 

登山をする為の体力をつけたかったから。

 

 それが いつの間にかマラソンにのめり込み、

タイム狙って頑張って サブ3.5達成したとこで一区切り、 

やりたかったトレイルに本格的に取り組み始めた(仮装にもね( ´∀`))

 

 気づけば・・・・

登山する為の体力は・・・

ついてたね( ´∀`)

 

11年前になるのか・・・

私が望んでいた事は ちゃんと叶えられてたんだね。

 

あの頃より年取ったけど 体力的には今の方が元気。

山の楽しみ方も選択肢が増えた。

 

大会では・・・

夢中で山を駆け抜け、まるで森の中の小動物のように「生きる」為、「生き延びる」為に進んでいくようなケモノになれる感覚、必死に生きてるギラギラ感を味わえたり

 

登山では・・・

景色を愛で、花を楽しみ、寄り道したり、のんびりしたり

 

自分がしたい事しかやらないという姿勢で

ここまできたけど 今 山をこんなに楽しめる事に

有り難い気持ちでいっぱいになった。

 

トレランやっててよかった、

ほんと くどいくらいによかった(しつこい性分です(;´∀`))

 

下山して 旦那さんを待つ間「赤岳」の時同様、

林道の坂を登ったり降りたり繰り返す。

あ〜 元気なおばさんだよ、私はよ(笑  

 

連日登山して また 山への欲が増した。

行きたい山がいっぱいすぎる\(^o^)/

 

いつも見に来て頂いてありがとうございます!

ポチッと押して頂ければ幸いです。 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ