遠回り人生・・・アイゼン無しで走るのにようやく辿り着く

今日も飽きずに藻岩山トレイル( ´∀`)

 

今日の山も気持ちよかった〜

稜線は風が強くて 道が消えてたけど

他の部分は穏やか。

 

今までの走り方として 必ず 簡易アイゼンをつけて走ってた。

 

f:id:besmart-chari:20190128215347j:plain mont-bell 4爪タイプ

 

f:id:besmart-chari:20190128215351j:plain  mont-bell 6爪タイプ

 

低山と言えども冬山だから 自分にとって「安全」が第一だった。

技量も足りないし うっかり滑落とかね、やりかねないと気を引き締めてた。

 

周りの登山者も だいたいの方は アイゼン、簡易スパイク装着。

まぁ 登山だからそうなるでしょう。

 

けど、

 

トレイルランナーは違う。

サロモンのスパイク付きのシューズが圧倒的に多い。

スパイク付いてるから アイゼンの装着は不要です。

 

けど(けど 多いな・笑)、

 

「安全第一」の私としては それで自分の技量をカバーできるのか

不安がつきまとっていた。

 

だから スライドするランナーさんに声かけて

色々 聞いたりしてたのです( ´∀`)

 

で、

 

逆にびっくりされたりしてね(;´∀`)

「アイゼンつけて走ってるの!!」って。

「UTMF出る人なのに!!」って。

いや だから 私は経験値低くて、冬山走る知識もなくて、 

ただの突拍子もない人なわけで(;´∀`)

 

そう・・・

ほんと走りにくくて(;´∀`)

登りは歩いてるからまだ いいんだけど

下りは がっしり雪面に爪が刺さって「安全第一」であるものの

装着の違和感満載だし 緩んだり ずれたり 

すごく嫌だったんです(;´∀`)

 

けど

 

お決まりの「安全第一」至上主義を貫き、

 

「こんなもんだ、こんなもんなんだ、この違和感も何かに通づる、

アイゼンを外した時 スキー靴を脱いだ時のような開放感が練習後に待ってるのだ〜

アイゼンの重みもいい負荷だから、

だから 我慢よ、我慢なのよ!!!」

って 昭和の時代の我慢強さは美徳感を 前面に押し出してたのです。

 

けど 他のランナーさん達から アイゼンは装着しない、

トレランシューズでも行ってる人がいる、

なんてお話を聞いて 

 

私も

「安全第一至上主義」の この私も 

アイゼン無しを取っ払う日を迎えたのです\(^o^)/

 

ちなみに私のシューズは asicsスノーライド。

スパイクはついてません。

この冬買ったのでグリップ力は感じてます。

 

で、

 

先日 やってみたら 急なとこでは手をつけながら登る場面もあったけど

全然 できる事を実感(ようやく(;´∀`))

 

下りも 急なとこは制御が効かず 滑り落ちる感じで怖いんですが

この感覚は ドロドロゾーンを滑りながら行くのと似ていて

とてもいい練習になる事もわかった(ようやく(;´∀`))

 

そして 一番嬉しいのは 走りやすい\(^o^)/\(^o^)/

 

今までの アイゼンストレスが嘘のよう。

う〜 楽しすぎる( ´∀`)

このギャップ感を味わう為の 今までであったのか(笑

 

自分の行動パターンとして 結構 辿り着くまで遠回り(;´∀`)

ほんとにもう 不器用っていうか、要領悪すぎっていうか。

 

ただ 納得するまでやったから ほんと気が済んで( ´∀`)

 

残雪期で 氷面が出たら また アイゼンにお世話になる時が

来るかもね・・・「安全第一至上主義」だから・・・

 

今日は 先日会った「UTMF参加憧れ女子」とも遭遇!!!

思わず嬉しくて奇声あげて 手握ってしまったよ(;´∀`)

彼女も頑張ってる!!

 

私も もちろん頑張るね!!!( ´∀`)

 

いつも見に来て頂いてありがとうございます!

ポチッと押して頂ければ幸いです。 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ