ぷぷっと笑ってしまう事、そして 私の役割は?

先日 敬愛する女子先輩が 私より上の世代に突入\(^o^)/

『おめでとうございます』のお祝いのメッセージが飛び交いました♪

 

その中で 一足お先にその世代に突入してる先輩が

 

「新しいカテゴリーでは 笑える事一杯ありますよ。

こんな年でこんなことできるって『ぷぷっ』と笑ってしまうんです」

 

っていうのがあって。

 

自分をぷぷっと笑ってしまう・・・

 

その表現が すごくよくって( ´∀`)

 

ハードな時こそ ちょっと自分を俯瞰して

自分を面白がっちゃう その感覚。

 

ラン女子先輩達は 

バリバリの指導者だったり、

PB更新に向かって いつだって頑張っていたり、

(年齢の壁なんて とうに軽々と超えてるんです・笑)

 

自分より年上の女子が「これ、ハードなんじゃない?!」

という事を当たり前のようにやってる背中 見てたらね、 

もう 私もやるっきゃないでしょ(笑

 

私の役目として仰せつかったのは・・・

 

中間カテゴリーに属し、(50代は中間だ\(^o^)/)

「ぷぷっ」が老いないように見守りながら(笑)

後輩には、イカの背中を見せ、素敵な50代に引っ張る!

 

うん・・・イカの背中(笑)見せながら、

私も「ぷぷっ」と自分を楽しみながら、

やりたい事に突き進みます。

 

ほんと力をもらうなって。

年をとるのが楽しいと思わせてくれる先輩達がいるのは

ほんとありがたい( ´∀`)

もう 各方面から 力頂いてばっかなんだけどね。

だから 自分はほんとにやりたい事に 

気持ちを固めて進んでいけるのかなと思う。

 

・・・さて これ再読するか〜!!!

 

「富士山1周レースができるまで」ウルトラトレイル・マウントフジの舞台裏

 

www.youtube.com

なんか 本の紹介のイントネーション加減が素敵すぎ( ´∀`)

 

いつも見に来て頂いてありがとうございます!

ポチッと押して頂ければ幸いです。 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ