「重さ」を求めるラン

「ルスツトレイル」まで あと7日。

「ハセツネ」まで あと21日。

 

北海道マラソン」が終わって 日頃の練習時は 

必ず ザックを背負って走ってました。 

 

私は とにかく「重み」に弱い(;´∀`)

 

ストレッチ素材で体のフィット感がよい 旦那さんのザック

「パーゴワークスラッシュ」を奪い取ってから(;´∀`)

体への負担は急激に減りましたが 重さが増すと辛さが・・・

 

2キロから増やしていき、3キロへ・・・

そして 今日 「ハセツネ」時の想定の重さ4キロへ。

 

「ハセツネ」のエイドは1箇所、水分1.5㍑のみなので

食べ物、飲み物いっさいがっさい背負わなくてはならないから。

 

「自分の生きる為の道具を全て 自分で背負っていく」

っていう感覚が 大変だけど とても好きだな( ´∀`)

 

で、

 

背負うって言ったら この方。

 

number.bunshun.jp

思い出しても感動しちゃう TJARでの望月将悟さん。

スタート時 13.4キロ背負って無補給で415キロの挑戦をしたのだから。

「ルスツトレイル」でのゲストランナーとしていらっしゃり、

講演会もあるので ほんとに、ほんとに 楽しみです\(^o^)/

 

で、

 

私は その・・・4キロ・・・

たったの・・・と 言われてしまえばそれまですが 

自分の弱い部分の克服に精を出した( ・`ω・´)

 

で、

 

目的地はパン屋さんだった。

だから いつもザックに山の道具一式 + 飲み物や本を入れて

重さ調整をしてたんだけど そうなるとパンを入れるスペースがなくなる・・・

小さめで重いものはなかろうか・・・

 

で、

 

これ、

 

f:id:besmart-chari:20180916230125j:plain

 

1.5キロのダンベル2個入れて ゴロゴロして背中にあたるので

本を入れ背中をガード。

プラス 水を入れたら 4キロ設定完了♪

 

次男に「これ入れて走る!」って 言ったら

「マンガの世界だね・・・」って 軽く笑いながら目の奥は悲しげでした(笑

 

で、

 

走り出したら この3キロ→4キロの 1キロの重さが私を苦しめた(;´∀`)

ちょうど気温も26度あったから 汗も吹きでて 呼吸も辛い・・・

 

でも パンを・・・パンを・・・パンを買いに行くの・・・

 

3キロ走ったら 体も順応してきて ちょっと楽に。

 

結局 予定の15キロを走りきれた。超 遅いわ(;´∀`)

 

15.1キロ  6:50ペース  

累積標高  114m

 

帰宅して 次男が

「ほんとに 走ったんだね」と 言った。

鼻でふっと軽く笑われたけど 目の奥は優しかった(笑

 

いつも見に来て頂いてありがとうございます!

ポチッと押して頂ければ幸いです。 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ