やります!2度目のサブ3.5!洞爺湖マラソンで突き進む!

走り始めて9年。2度目のサブ3.5を洞爺湖マラソンで狙いたい。その目的のために今回も手段選ばず。2回目達成実現、闘魂主婦!

2018「大雪山ウルトラトレイル」②

続きです・・・

 

 

AM2:00起床。

すごく ぐっすり寝て爽快な気分だ( ´∀`)

 

おにぎり、いなり寿司2個、サンドイッチ、トマトジュース、

お腹に入れる。

 

AM3:30。

シューズ円陣。

 

f:id:besmart-chari:20180724222127j:plain

ネムネムさんと e-ichiさんと( ´∀`)

ネムネムさんとは サロマウルトラでできなかったし、

e-ichiさんは道内の大会で会うことが多いけど

シューズ円陣はした事なかった。 何かしら毎回 新鮮ですね♪

 

そして サロマウルトラでお会いした 

仮装ランナー「くまモンさん」の応援と 嬉しいメッセージも頂いて

俄然 元気120%に出てきた!!!(ありがとうございました!!)

 

 

f:id:besmart-chari:20180724222133j:plain

私のやる気たぎってるよ〜

たぎってるけど 気持ちがゆったり。

さ〜 走るぞ〜 

また あの景色見るぞ〜と この時は穏やかな顔でしたね。

 

のちに スゴい形相で走る事となるとは・・・(;´∀`)

 

AM4:00

スタート。

 

f:id:besmart-chari:20180724223019j:plain

ゆるゆるとスタート!!!

このまったりした感じが トレイルとウルトラの共通項に思う。

こういう雰囲気が好きだ。

もちろん 記録狙い、順位狙いの方は違うけど(;´∀`)

 

スタートしてから ネムネムさんが言う。

「チャーリーさん、後ろから見たら 椎名林檎にしか見えないですよ」

 

後ろから・・・

後ろからね・・・(笑

 

ねぇ 前は〜? 前は〜?

って ネムネムさんを困らせようかと思ったけど

自分を苦しめるのでやめた(笑

 

今回やってみた短髪&Buff・・・これ似合ってるとかそういうのは置いといて(笑

すごく楽。ズレたりして直す事もなく ストレスフリーでしたね。

ただ やっぱり午後から日差しがさしてきて 顔は日陰部分無いから焼けちゃう。

それがやっぱり気になった。

そんな気になるんだったら イカでも被っとけって話ですけどね(;・∀・)

 

で、

 

笹薮入って、「あれ?!」と思う。

 

昨年のコースと違う。

全く逆方向に行ってる。

私 ちゃんと地図見てなかったのかな〜 と思う。

 

そこで 狭い林道に車が入ってくる。

大会関係者の車。

 

コースロスト!!!

 

それを知らせに来てくれたのだ。

みんな戻る。

どこがほんとの道なのか あららこらら的な感じでもとに戻る。

 

聞く所によると 正しいコース前にコーンが置いてあり、

誘導の人もいなかったものだから そこを曲がらず

標識を見ながら ゴールとなるコースを逆走した模様。

 

全員が。

 

ひとかたまりの集団だったら 流れに沿っていくとは思う。

ただ その前に「あれ? こんなコースだっけ?」と疑問が生まれたのに

確認をしなかった自分。みんなに着いていけば大丈夫と思った自分。

これは『自己責任』の何物でもないと思ってる。

 

昨年出た別の大会では コースロストが続出し 

結局 男性の入賞者は無しという結果となった。

 

入賞者なしって 随分 厳しい判断だなって思ったけど

主催者の方が

「矢印が見にくかった等のご意見も頂きましたが 

予めコース地図をしっかり把握していれば 防げる事です。

トレランでコースロストは自己責任です」

って仰って。

 

色々な考え方はあるとは思うんですが、

私はこの「自己責任」ていうのが結構好きで。

生きるための最小限の荷物を持って 

自分の感覚を研ぎ澄ませて「自己責任」で走るっていうかそういうのが 

好きなんです。

 

結局 ここで5キロ程ロス。40分くらい多めに走ってしまった・・・

 

エイドで「あのロストの時間をリセットできないか」と言ってる方がいたけど

無理、絶対 無理だから。

もう受け入れて 走るしかないんだから。

 

ロストして「わ〜 ロストだ〜 ロストしちゃった〜」と

始めうかれた私(;・∀・)バカ

 

で、

そこで気づく。

 

後ろから ビュンビュン速い選手が追い抜いてくる。

そりゃそうだ。

ロストの距離が一番長いのは先頭集団。

彼ら、彼女達の巻き返そうと必死感が伝わってくる。

笹薮を刈ったコースで走りにくいのに 関係無いもんね。

 

で、

もっと 当たり前の事に気づく。

 

自分の関門時間 まずいんじゃない・・・???

 

f:id:besmart-chari:20180720234242j:plain

 

第一エイドに目標到着時間は 4:55

そんなのとうに過ぎてる。

 

雨も降り続けている。

体が思ったように全然動かない。

 

景気づけに「グレートレース」の主題歌を脳内でかける。

 

sp-m.mu-mo.net

 

ダメ・・・スローなリズムでしか曲が流れない。

ますます足取り遅くなる。

 

そこで e-ichiさんに抜かされる。

ついて行こう・・・と 思う。

しばらくして 私が抜く。

また しばらくして e-ichiさんが抜いていく。

 

そんなふうにして 第一エイドから第二エイドまでつかせてもらって

どんどん体が動けるようになってきた。

ありがとうございました♪

 

自分は上りが弱い。今回 よくそれがわかった。

ほんと周りの人に抜かされていく。

 

こうなったら 下りでガンガン行くしか無い・・・

そうじゃないと ほんとに関門時間に間に合わない(;・∀・)

 

幸い まだ15キロくらいしか走ってないから 足は元気だ。

下りが2キロ程続く区間を飛ばす。

足に負担がかかっているのがわかる。

山岳パートの足を残すなんて言ってられる状況じゃないぞ!!!

 

そこから 目がギラギラしてきた。

 

オオカミ・・・

 

f:id:besmart-chari:20180724234831p:plain

 

今、オオカミになってると思った(笑

眼光鋭し。野山を駆ける。

エンジンかかったきたぞーーー「わおーーーーーん」って感じですね。

 

第2エイド到着。

幸い 雨が降ってるので ハイドレに補給をするほど水分も減ってない。

ボトルに入れてもらうだけで十分。

そそくさとエイドをあとにする。

 

第3エイド到着目標時間は 7:35。

最低ギリギリラインで 7:53設定。

 

第4エイドとなる 第一関門は 9:00。

昨年も1時間かかっているので トイレなど済ませて山岳パートにいくには

8:50には絶対に入っていたい。

 

ちょうど隣を走っていた方にお声がけ頂く。

「これは 5分、10分の勝負ですね」と話す。

確かに・・・ゴクリ。ここで ちょっと冷静になれました。

ありがとうございました♪

 

ここで関門に引っかかるなんて 絶対にイヤ!!!

 

上り坂は 歩きも入ってる。

形相もオオカミを超えた!!

 

目の白濁も入って オオカミウオ化(゚д゚)!

f:id:besmart-chari:20180724234657p:plain

 

もう必死の何物でもない。

 

第3エイド到着時間、7:53。

最低ギリギリラインで到着。

 

ほんとにまずい(;・∀・)

 

ここからが林道パートで もっともキツイところ。

6キロの道のりだけど 急勾配では キロ13分とかになってるし。

 

まずい、時間があっという間に過ぎていく。

 

少しでもいいから走ろう・・・

「ギグッ」

なんか変な感触あったね・・・(左足甲の痛み発症の瞬間)

 

ここでオオカミウオの形相から

「人を呪い殺す事ができる形相」に進化(;・∀・)

 

今までの走る歴史の中で 一番の形相だったと思われる。

「形相」歴史の新たな1ページを刻んだ感あり。

 

そこで上から ランナーさん達が走って降りてくるのが見えた。

 

「悪天候の為、山岳パートは走りません。折り返してレースを続行します」

 

・・・・・・うそ・・・

山 走りに来たの。

山が走りたいから 80キロの部にエントリーしたの。

 

だったら 今 関門に間に合うように「人を呪い殺す事ができる形相」で

必死に来たのに意味ない・・・?

 

いや、違うか そんなの関係ないか。

全力で行くしかない、関門時間に間に合うように登れ!!!

 

気を取り直して 第一関門着、8:47。

 

なんでも トップ集団がここに着いた時は まだ どうするか協議中で

30分ぐらい待ってた方もいらしたそうだ。

そして 決定が下され その場にいた方で一斉にリスタート。

もう 誰が速かったか遅かったかなんてわかりませんよね。

 

f:id:besmart-chari:20180725002136j:plain

虚しく登山口を見つめる・・・

 

ここから 林道を折り返してゴールまで行くことになったようだ。

山に入れば 正直 上りは歩けるし 景色も待ってるし

楽しみがあるけど 林道をただひたすら走るのは修行。

 

補給をして トイレを済ませて 気持ちの持っていき方確認。

 

トレイル大会は 変更がありうる。

天候に左右されやすい。

それは もうどうしようも無い事なんだから もがかかないで受け入れる。

そして しっかり林道を走る足をここで作ろう。

 

はいっ、気持ち決まった( ´∀`)気持ちは決まったけど実行できるかは置いとく

 

後半へ続く・・・長々とお付き合いありがとうございます♪

 

いつも見に来て頂いてありがとうございます!

ポチッと押して頂ければ幸いです。 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ