猫、ネロっとした物を頂く。

今日は2月22日、ニャンニャンニャンで「猫の日

 

新聞の広告に ある猫フードを夢中で食べまくる猫ちゃん達が掲載されてたので

せっかくの「猫の日」だし 祝の膳として うちの猫ちゃんにもあげてみた( ´∀`)

 

f:id:besmart-chari:20180222224925j:plain

 

 

さぁ これが 猫に絶大なる人気誇るフードだよ♪

 

f:id:besmart-chari:20180222224936j:plain

食いつき悪し。

怪訝そうな顔で 猫夢中顔に全くならない。

 

 

f:id:besmart-chari:20180222224949j:plain

じゃあ とりあえず このネロっとした物を 小皿に置いておきますね。

 

・・・・・数時間経ち 猫が嘔吐した。

 

小皿を見たら カラッポ。

 

猫に人気のフードだったけど 合わなかったんだね・・・

 

 

f:id:besmart-chari:20180222224956j:plain

猫の日」・・・嘔吐日。お疲れ様( ´∀`)

 

「猫」と言えば この本 先日読み終えてた。

 

f:id:besmart-chari:20180104224633j:plain

 

海辺のカフカ」 by    村上春樹

 

村上春樹の10作目の長編小説。 ギリシア悲劇と日本の古典文学を下敷きにした長編小説であり、フランツ・カフカの思想的影響のもとギリシア悲劇エディプス王の物語と、『源氏物語』や『雨月物語』などの日本の古典小説が物語の各所で用いられている。20代後半から30代前半の主人公が多い村上小説にしては珍しく、15歳の少年「僕」が主人公で、不思議な世界を自ら行き来しながら、心の成長を遂げていく物語である。また本作は『ねじまき鳥クロニクル』からの暴力、戦争といったテーマが引き継がれており、生々しい残虐なシーンも同様に登場する。

 

ノルウェイの森』を若い頃 読んで以来の「村上春樹」作品。

不思議な世界だった。そして とても面白かった。

「ここんとこ なんでこうなんだっけ?」という疑問をもちつつ、

解釈の仕方が自由でいいという作風なんですね。

で、この中で「猫」大好きな人には「キャ~~~ やめてーーー」という

シーンが出てきまして 私を苦しめました(;・∀・)

 

今日は「猫の日

あえて 猫好きにこの本読んで頂きたい。

どこまで耐えられるか、読んでみて( ´∀`)

 

いつも見に来て頂いてありがとうございます!

ポチッと押して頂ければ幸いです。 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ