「旭川ハーフマラソン」後半戦

10キロ過ぎて 後半戦突入・・・

 足も疲れてまいりました(;´∀`)

 

10キロまでは とてもいいペーサーとなる方がいて 追い続けました。

 

最高 4:22

遅いのでも 4:36

 

下り基調も手伝って その方についていく。

スピードにのって 自分が研ぎ澄まされていくのがわかる・・・

 

久々の スナイパー的な鋭い眼光( ✧Д✧) カッ!!

こんな私 いつもの私じゃない・・・

 

余談ですが

先日カフェで 間違って男子トイレに入りました。

入って 大、小が1個ずつあって 大の方は使用中。

小の方は 女子トイレの子供用なんだなと 全く疑わず。

大から 若い男性出て来る。

「ん????」 状況飲み込めず。

小奇麗な男性だったため「男みたいな女?」と思い 胸を見る。

ぺったんこ・・・

「お・と・こ・・・?!」と その方に向かって問いかけ。

薬師丸ひろこ作品「セーラー服と機関銃」(知ってるでしょうか)の

「か・い・か・ん」ぐらいのスピードで言ったと思われる。

男性は「(女子トイレは)隣ですよ〜」と優しく教えてくれました。

 

で、余談過ぎますが

「やってしまった~ 」と席に戻り 一緒に来てた母に話すと

「え〜!!! 私もそちらの方に入った。誰にも会わなかったけど」と。

息子もいたんですが 頭かかえてまして

「これは血筋。男子トイレに誤って入る血筋。遺伝だね」と言うことになりました。

 

で、何が言いたいかというと

こういう日常を送る者にとって「スナイパー( ✧Д✧) カッ!!」になってる自分て

別な自分になってる感覚としか言えない。

こんな自分もいるんだ〜( ´∀`) と  貴重な自分に会える唯一のひと時。

マラソンはありがたい。

 

 

f:id:besmart-chari:20170927214340p:plain

 

11キロからを見てみると ピッチは200を2回割り、

ストライドは 1.05未満になってる。

前半戦と比べると 2センチ〜8センチ違う。

あと3㌢ 長いストライドで安定した走りができればなぁ〜

 

今回は「スナイパー」に徹したので 沿道の応援も「アリガトウ」

蚊の鳴くような声で言ってるだけだった。

 

ただ 12キロ地点ぐらいの河川敷の所で 大きな声でずーーーっと

「頑張ってーーーーーー!!!」って 手上げてる女の子がいて

さすがに私も嬉しぎて その子に近づきハイタッチ。

 

もう一人 おじ様で「いいよ、いい走りしてるよ!!!」

と ずっと声かけている方もいて 「あ〜 私 いい走りしてる?!」

と その気にさせて頂いてテンションUP( ´∀`)

 

あとから息子に聞いたら 息子が通った時も 女の子もおじ様も

ずっと声掛けしてたようで ほんと 初めから終わりまで

体張って応援してくれてたんだと思う。

 

ありがとうございます。ほんとに。

 

自分が 北海道マラソンでエイド出して 声出し続けるのも 中々しんどいし、

言葉がけの内容も その状況によって違った方がいいかなって

迷いもあったので ランナーの心にピタッとくる応援をしてる方は

スゴイナ〜って 改めて思った。

 

もちろん その他大勢の方々にも 背中押されました。感謝!!!

 

そんなんで 15キロ地点で 不調だった左ハムの違和感出て来る。

もうちょっとしたら 攣ってしまいそうな違和感。

練習中にも出てきたのと同じ。

 

「あ〜 きたな〜 でもこれ痛みじゃないじゃん。

 これを理由にゆるめるなんて いい訳でしかないじゃん。

 この違和感が何だって言うんだーーーーーー!!!」と 

私の気の強さが出た( ´∀`)ヨカッタ〜笑

 

そこからは、 

登り坂では

「ザック背負って山登ったのは伊達じゃないぞー」(トレラン練習を思い出してる) 

 

足の動きが悪いと感じた時には

「まだ全然 ボロ雑巾じゃないよ。ボロ雑巾ていうのはね、シーズンインして

5キロTT墓場Myコースでやり終わって 苦しすぎて 泣きながら自分を抱きしめた時、あれがボロ雑巾なんだーーーー」

 

って 自分を威勢よく(笑)鼓舞し続けました( ´∀`)

 

17キロぐらい?で ミニトマトの私設エイド有り。

ちゃんと手前から 看板があって「ミニトマトがあるんだな」って

気持ちの準備ができるから これは 次回の私設エイドで真似したいなと思った。

 

一定の間隔をあけて ビニール手袋をした男性が 手の平に3個ぐらい

ミニトマトをのってけて 何人も立っている。

 

これまで エイドでは水とスポドリのみで バナナには手を付けず。

とにかくスピードをゆるめたくなかったけど

これは 走りながらサッと取れていいなと思い、取ろうとするが

1回目、落とす

2回目、また落とす

3回目、よくやく取れた( ´∀`)

 

不器用です・・・ゴメンナサイ。

 

この失態から スピードを元に戻すのが すごく辛くて。

他のエイドの時もそうなんだけど スピードを落とさず行ける方法を

勉強してみたい。心理的にも「休める」という意識が働いちゃうので

そこから 踏み出てみたい・・・かな。

 

そして あと2キロでゴール。

ハーフはやっぱり短い。苦しいけど短い。

フルであと2キロって言ったら「精神力で走れる」と どこかの人が言ってた・・・

あの距離じゃないかと思う。

全力で行け!!! 全力で!!!

 

そして ゴール\(^o^)/

f:id:besmart-chari:20170927231404j:plain

 Yoshi2488 (id:yoshi-sloth)さん

に撮って頂いた写真♪アリガトウゴザイマス  

私、懸命に走ってます( ´∀`) 

 

f:id:besmart-chari:20170927231446j:plain

そして 2人ではてブロ恒例のシューズ円陣。

走り終わった清々しい足の私達( ´∀`) 朝の彩り感の無い写真とは違う(笑

 

そして 自分の順位を知る。

f:id:besmart-chari:20170925224239j:plain

年代別 4位。

1時間41分52秒。

わ〜 入賞だ〜 欲望達成だ〜\(^o^)/

味噌ももらった〜 ばんざーい♪

 

表彰台は3位まで。米や芋など頂いてる模様。

1位〜3位までは 待機場所のテントまで用意されていた。

4位からは ひっそりと係の方から 賞状など頂く。

で、あとで知る・・・3位の方とは17秒差。

3位と4位の違いを 身を持って知りました( ´∀`)

 

で、息子と旦那さんは・・・

 

同じようなペースで走っていたらしく 

「さっき抜かれたと思ったら、何か知らないけど 抜いてた(゚д゚)!」

というのを何回も重ねて 最後に歩いてしまった息子に旦那さんは

一緒に走ろうと誘ったけど 息子はそこでボロ雑巾。

旦那さんが ちょっとだけ速くゴールしました( ´∀`)

 

息子は 足が痛すぎて ずっとアイシング。爪が1本死んでました。

でも 嬉しそうで 誇らしげで やっぱりいい顔してました。

 

f:id:besmart-chari:20170925224251j:plain

息子と 記念の1枚。

 

うちの家族の事を引き合いに出すようで ちょっとあれだけど

 

マラソンてね、

 

大きくても(息子)、小さくても(私)、丸っこくても(旦那さん・笑)、

若くても(息子)、年いってても(私、旦那さん)、

モチベが 

健康増進と気分転換(息子)、速くなりたい・色んな走りしたい(私)、

頑張って走ろうと思ってるんだけど 痩せなくて困ってるんです(バクバクバク・何かしら食べる音がいつも聞こえる旦那さん)、

それぞれ みんな違うけど 遅い速いなどは関係なく

走りきってゴールでの達成感、気持ち良さ、ビールの美味しさは一緒で 

誰にでも平等で 楽しくできるスポーツなんだな〜(悔し過ぎる時もあるけどね)

 

マラソンて いいな〜〜〜 って 改めて思いました( ´∀`)

 

そんなこんなで 我が家の団ラン、終了。

楽しかった。

いつも見に来て頂いてありがとうございます!

ポチッと押して頂ければ幸いです。 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ