やります!2度目のサブ3.5!洞爺湖マラソンで突き進む!

走り始めて9年。2度目のサブ3.5を洞爺湖マラソンで狙いたい。その目的のために今回も手段選ばず。2回目達成実現、闘魂主婦!

「大雪山ウルトラトレイル80キロ」完走記①

完走記 とりかかります!

 

私は トレラン大会初完走の初心者。

その目線で書き綴る完走記。

思ったこと全て書ければいいな〜

 

では いってみよ~( ´∀`)

 

【大会前】

木曜日までは 元気でした。

星野源1人カラオケ 2時間25曲熱唱&ダンスで士気も高めましたし、

食欲もモリモリ、身も心も充実感に溢れてた。

 

それが 金曜日になって 用意の最終段階になると

「私は完走できるんだろうか」という不安に押しつぶされそうになり

 

土曜日の移動中の車の中では ちょうど第一関門の時間である12時になると

「明日のこの時間は 私はどうしているんだろう」という動揺から

泣きながら運転してる始末で(よく泣くので別に日常的な事です・笑)

この情緒不安定さを落ち着かさせねば 自分をドウドウドウドウと馬扱いで

なだめてました。

 

リベンジ・・・振り返ると初めての事。

 

リタイアからのリベンジって こういう気持ちになるのか・・・と

何度も経験してる旦那さんの気持ちにちょっと寄り添えました・・・って

実際どうなのか あとから聞いてみると 何回もリベンジを経験してるプロ発言は

「あ〜 今回は大丈夫ってたかくくってるから まったく緊張感ないよ」

って 事でしした・・・・・・・・・・プロは違う(笑

 

で、白滝村に到着。

もう 鏑木さんの講演会が始まっていた。

お仲間と合流。ここで 気持ちがようやく落ち着く。

 

f:id:besmart-chari:20170726214630j:plain 

鏑木さんは「濃昼のトレラン養成講座」と同じく 

時折  頭に手をやって話していた。

 

で、「ここのコースは そうしんどくないので」って言うんです。

昨年 50%完走率を割ったこのコースは 確かに累積標高だと3,403M、

60キロまでは林道区間だし 鏑木さんみたいな方には屁みたいなもんで。

  

でも ここにいる人達 明日 そこを走るわけで、

関門がキツイからみんな苦しんでるわけなのにそんな言葉を(笑

ご自身も「あっ」と思ったみたいで

「いや、今の流して下さい」って慌てて訂正してる姿が

なんか ほわほわ~んとしてて 天然感漂う感じがした。

 

この天然感と レース中の己に厳しい姿のギャップが また いいんだね( ´∀`)

 

f:id:besmart-chari:20170726214641j:plain

また サインもらう。

今度はザックに。

田中陽希さんは サインをする時 商品のメーカーを丹念に調べて 

自分のスポンサー以外の商品にはしないを通す律儀な人だったけど

鏑木さんは何でもこいだった(笑

 

メーカーからお達しがあるのかないのかしらないけれど 

これも性格的な違いからくるものなのか 謎( ´∀`)

 

で、一応「7月の初めに濃昼でお世話になりました」アピールで話しかけてみた。

・・・「あ〜 あそこ あっという間でしたね〜」と

私の事は全く覚えてないご様子。隣の席で話したしょ・・・

 

いや、そんなの当たり前の真ん中で 誰がこんなおばはんの事

いちいち覚えているものかって話なんだけど 私・・・

変に 陽希さんの時 覚えててもらったのくだりを

ひきずって生きているので 何かしらここでもすがってしまうクセが発生。

 

クセの遮断完了。

見事に撃沈して 清々しい( ´∀`)

 

開会式では 炊き込みご飯と団子汁、生ビールも提供される。

昨年は ビール1杯飲んじゃったけど 今年はそんな気持ちは全くなし。

「ひゃっほーいヽ(^。^)ノ」なんて 感じがない自分がわかる。

 

その後 今日の寝床へ移動。

白滝の道の駅に車中泊

 

f:id:besmart-chari:20170726214651j:plain

ずら~っと並んだ車。車中泊の人 多いです。

夕焼けを見ても緊張感。

 

8時には寝ようと思ったけど 全く寝れず。

どこででも ストレッチポールの上でも寝れるのが私の特技みたいなものなのに

ウトウトしても すぐ目が覚め 寝れない。

また 気を抜いたら 心細さでヨレヨレになってしまう自分がそこにいて

今回 そういう自分に向き合ったのも それはそれでよかったのかもしれない。

 

結局 夜中12時には目覚め 睡眠は3時間も寝たかどうか。

1時半には スタート地点に移動する約束だったので 

ゆっくりと落ち着いて用意に入る。

 

ここからは「やる・・・私は やる・・・」モードに

ようやく到達。このモードにくるまで長かったよ。

 

切り替わった・・・行くぜっ!!!

 

f:id:besmart-chari:20170726214854j:plain

トレラン先輩達と。

2人は 8月末 UTMBモンブランに行く人達だ。

夢の舞台に行くんだね。スゴイナ〜( ´∀`)

 

f:id:besmart-chari:20170724213114j:plain  暗い。

 

f:id:besmart-chari:20170724213136j:plain このゴールゲイトに必ず帰ってくると誓う。

 

鏑木さんの挨拶始まる。

鏑木さんも 80キロを走るのだ( ´∀`)

 

「こんなまだ 暗い中 行くぞーなんてテンションも上がらないでしょうから

 走ってく途中で 徐々に上げていって下さい」

って感じで ほわ〜んとした話口調だから 気負いがなくて また いい( ´∀`)

 

ギャップ感のある男、それが 鏑木毅 48歳・・・私にとってそんな位置づけ(笑

 

今日はここまでで・・・

明日から ランレポ突入( ´∀`)

長々とお読み頂いてありがとうございます。

                          つづく・・・

 

いつも見に来て頂いてありがとうございます!

ポチッと押して頂ければ幸いです。 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ