やります!2度目のサブ3.5!洞爺湖マラソンで突き進む!

走り始めて9年。2度目のサブ3.5を洞爺湖マラソンで狙いたい。その目的のために今回も手段選ばず。2回目達成実現、闘魂主婦!

「Qちゃんのランニング教室」に行ってきた

besmart-chari.hatenablog.com

 

Qちゃんのランニング講習会受講してた。


当たればいいな〜 とかじゃなくて 

「私は行く、行くのだ」という気持ちでしかなかったこの企画。

見事に当たってた〜\(^o^)/

外が雨だったので 大学体育館で実施。
Qちゃんは 話し上手で滑舌良く、ほぼ4時間ずっと話してた。
湧き出る 前向きオーラ!!!
話の一つ一つが 心に響く( ´∀`)

 

たくさんのストレッチを実践しまして ストレッチの大切さ実感!!!

いつも軽くやってたな〜と反省。

【学びの数々】
・1時間ウォーミングアップをしないで走るくらいなら 10分ストレッチ 
 40分走って その後 10分ストレッチをした方がよい。

これっ!これなんです。

走る時間、距離の長さより やはり一番大切なのはストレッチ。耳が痛いよな〜。


・臀部の筋トレで 3ヶ月で30秒 5キロのタイムが縮んで
 世界選手権に出場。大きな筋肉を鍛えるのは大切。

寝っ転がって 足を10回上げたり、回したり、足首返したり、画像検索したけどなかった・・(-_-;)

Qちゃんのストレッチの本も出ているので 詳しく知りたい人はその本を見てね。



もも上げ、巻き上げ、などを練習に取り入れ、可動域を広げる。

これ、もろ部活的な動き!!

腕を思いっきり振って 前太ももを大きく上げて足踏み状態で少しずつ進んで行く。

Qちゃんが「もっと速く!!! もっと速く!!!」とあおるので 腕振りの回数も激しくなる。

20〜30m進んだら 軽くダッシュ。これを3本。

で、「巻き上げ」って言葉始めて聞いた。

もも上げとは逆で かかとをお尻につけるくらい足を後ろに上げる。

で、腕も速く振るわけだけど これが慣れなくて変な動きになっちゃう。

こういう地道な練習をトップアスリートもやっていて 

だいたい80%(90だったかな・・・自信なし)がそういう練習だと・・・日々の積み重ね。えらいよな〜

で、私も 日々の練習で 誰も居ない所で 地道に3本ずつ実践中。

ムキになってやるから 相当 消耗します。誰にも見られたくない姿(笑

・腹筋と背筋。背筋の方が強い為、疲れてくると背筋に引っ張られて顎が上げる。

なるほど。背筋の方が強いからなんだと 顎が上がるしくみがわかった。

で、Qちゃんは現役時代 朝1000回、夜1000回で 合計2000回腹筋をしてたそうだ。

それも10種類を100回ずつしてたんだって。

いや〜 凄すぎて 私 50回しかしてないけど500回やってるような気分に勝手になったよ(笑



・1時間マッサージに行くなら 背中は50分、脚は10分。
 それだけ背中をほぐすことは大切。
Qちゃんは背中のストレッチも力入ってました。

マッサージで足を重点的にいつもしてる私には 目からウロコ的なお話。

・ストレッチは「ここを使うからね」という司令を まず与えて走る。
 突然 走り始めても使われない、怪我につながる。
これもほんとに耳が痛い。

最近の私・・・ほんとまじめにストレッチするようになりました( ´∀`)


・疲労物質を抜くには アイシングが大切。牛乳パックに氷を作り、
 お風呂に持ち込み アイシングとお風呂に入るを繰り返す。
 牛乳パックなら使う分をめくっていけばいいので 手が冷たくならない。

牛乳パックの利用は ナイスアイディアだな〜と思いました。

風呂にそんな氷柱を持ち込むっていう発想自体なかったものですから トップアスリートの皆さんが どれだけ体のメンテナンスに時間をかけているのか・・・と感心しきり。

以前 Qちゃんと神野大地さんとの対談の文面を読んだ時 Qちゃんが「何か一つこれだけは誰にも負けないというものを持ったらいいですね」という話になって。

そしたら神野大地さんが「体のメンテナンスなら 誰にも負けません」てな発言したんです。

牛乳パックでも 私「こんな方法が(゚д゚)!」と驚いちゃったけど きっと 究極と言えるぐらいのメンテナンスをこれでもかっ!というぐらいにやっているんでしょうね。 


・膝のウォーミングアップ

大会当日スタートラインで待機してる時に 気軽にできる膝ウォーミングアップ。

待機は30分にも及ぶこともあるけれど その前にアップをしても だまっていたら

7分で元の状態に戻ってしまうそうだ。

金さんの「サブ4」狙う番組でも紹介されてたんだけど

f:id:besmart-chari:20170622223046j:plain 

ヒザの内側 下 外側 上を意識しながらゆっくり回す。

片足ずつ5回まわしたら逆方向に5回 両足とも行う。

 

f:id:besmart-chari:20170622223059j:plain

この時「サブ4」を達成した 大好きな金田さんも伝授されてた。

そして 金田さん 無事 女児出産したんだよね!!!

おめでとう\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

どんなお母さんになるんだろう(笑)

枠にとらわれない 楽しいお母さんになるんだろうな〜

 

で、この膝ウォーミングアップ。私も必ず やるようになりました。

左膝が長距離、下りが続くとガタつくんで これはかかせない。

テレビで何度も見てたけど 今回 生で体験して

これはかかせない!!! って ようやく切羽詰まったように思えた。

生はやっぱりいいですわ。

 

・腰の位置を高く持つ。飛ばない、跳ねない、蹴らない。目線は斜め下。

その通〜り!!!

腰の位置を低くして 実際走ってみて 走りにくさを実感したりもしました。

これ鉄則ですね!!!

 

・フォームは骨格で決まる。Qちゃんはしっかりと腕振りをする。

 やり方は人それぞれ。

Qちゃんが高地トレーニングに行ってた時 向こうから走ってくる人が小出監督だと思っていたら 監督の娘さんだったと(どういう娘さんなんだ(゚д゚)! この話で若干 会場ざわつく。嘘だろ。ありえないだろ。娘さんと監督を間違えるなんてというざわつき・笑)

Qちゃんが言いたかった事は 親子である遺伝での骨格で 走り方は同じになるって事。

だから 一概に腕を振らなければいけないとか、肩甲骨を動かすとか、人それぞれである、

どれも正解は無いって。

私のお婆ちゃん(99歳で没)と 母と 私の 足の形は同じ。

きっと走ったら同じフォームだったのかもしれない。

一直線に走ってくる3世代のフォームが同じっていうのも なんか楽しげで夢もあるよね( ´∀`)


・嫌だと思う練習をすることは そこまで積み上げてきたからこそ。
 その嫌な練習をすれば伸びる。自分を伸ばすチャンス。
Qちゃんの前向き発言大好き!!!

ガチランの洞爺湖マラソン前は 嫌な練習から いつも逃げたくて憂鬱だった。

いろんな語録を自分の糧にして 今もこれからも やるから!!!私!!!

 

・なりたい自分になれるよう 楽しく走って。

うんっ! 

苦しさの向こう側の世界が いつも見たくてやってるから

とんでもない楽しさが待ってるの知ってるから。

そこを心底 貪り切るのが自分だなって気もするので(笑) 

頑張るよ〜( ´∀`)

 

そんなこんなで 楽しい4時間講習会。

Qちゃんは さばさばしてた。

以前 本を読んだ時 食べるのが大好きで 鶏肉の骨を折って そこからのエキスを

吸っていたという記述にビックリもしたんだけど

それをするのが当たり前のキャラっていうか(笑) そういう食も楽しみ尽くすのが

Qちゃんなんだな〜って ほんと魅了されました。

 

そして 可愛いんです!!! 

集合写真も 軍を抜いて可愛い!!!

あ・・・ ちなみに私の写真写りはというと・・・寝てました。

なんで 寝るんだ!!! この大事な記念に残る記念撮影で!!!

まっ それも 私らしくていいかな( ´∀`)


で、ちょっと誇らしげなひとコマを・・・

 

腕と足の動きが違う 運動神経をみるリズム体操をした時
「ちゃんとできてる!」と 前で見本としてやらされた(笑

こ、これは・・・・

7月の星野源のライブに行くため 
「恋」ダンスを一生懸命練習してる成果と思われる(笑

こんな時に イカされるとは( ´∀`)
なんでも ランにイカされるもんだね〜。

楽しかった。また 頑張る気力を頂けた。
ありがたい体験!!!ありがとうございました\(^o^)/

 

いつも見に来て頂いてありがとうございます!

ポチッと押して頂ければ幸いです。 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ